忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/10/24 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1157]  [1156]  [1155]  [1154]  [1153]  [1152]  [1151]  [1150]  [1149]  [1148]  [1147]  ■


■2016/05/11 (Wed)
第12章 魔王覚醒

前回を読む

 馬はしばらく走り続けた。その速さは風の如く、その勢いは鬼の如く。人馬は風となり、目の前の草むらを2つに割りながら突き進んだ。
 しばらくして、馬が止まった。乗り手が背後を振り向く。もはや追っ手の影も気配もない。追跡を諦めたのだ。
 乗り手が馬を下りた。ソフィーも馬を下りた。

ソフィー
「あの、ありがとうございます。助かりました」

 乗り手が頭巾を取り払った。
 バン・シーだった。

ソフィー
「あ……あなたは……。そんな……」
バン・シー
「……?」
ソフィー
「いけません! 私から離れて!」

 ソフィーが叫ぶ。
 だが、ソフィーの体内で、何かが叫んだ。


「見付けたぞ。さあ、その名前を呼べ。その女の名前を呼べ!」

 ソフィーの体が何かに乗っ取られた。青い光がソフィーの胸から浮かび上がる。ソフィーの瞳から意思が失われた。

バン・シー
「ソフィー! おのれ……」

 バン・シーが剣を身構えた。剣の切っ先に炎が宿る。
 しかし――。

ソフィー
「……イーヴォール……」

 ソフィーが呟くように、その名前を口にした。


 突如、辺りが暗転した。ざわざわと激しい風が辺りを包む。暗闇の中、イーヴォールはたった1人で立ち尽くしていた。イーヴォールは周りを見回し、剣を手にしようとしたが、その掌には何も握られていなかった。
 闇の向こうから、何かが現れた。烈風がゆらゆらと揺らめきながら、形を浮かべる。髑髏の頭にボロを身にまとった使者だった。

死神
「――イーヴォール……イーヴォール……やっと見付けた。やっと見付けた……」

 死神はのそりのそりとイーヴォールに近付いた。
 今やその姿は闇に紛れず、はっきりとした形を持っていた。身にまとったボロも、実は法衣であることもはっきりとわかった。
 死神は一体ではない。暗闇から、次々と姿を現した。イーヴォールは初めて恐怖に囚われて、足が竦むのを感じていた。理屈ではない、直接心に働きかける、根源的な恐怖だった。
 死神がゆっくりとイーヴォールに近付き、骨でしかない手をイーヴォールの胸に差し向ける。
 しかしイーヴォールは、それを打ち砕くかのような凄まじい形相をその顔に浮かべた。

イーヴォール
「死神め! この命まだ渡さん! 渡さんぞ!」


 唐突に、古い光景がイーヴォールの体を通り過ぎていった。
 古代王国ケール・イズの崩壊の光景。巨大な怪物が王国を破壊していた。これまで聞いたことのない凄まじい叫び声。怪物は見える全てを破壊し、塵に変え、飲み込んでしまう。忌まわしき影から、闇の下僕が次々と生まれる。


「ああ……なんてこと。光が失われる。暗闇が全てを覆う。助けてください、イーヴォール様。私は……私は騙されていました。あの異邦人……黒の貴公子に。あの者が放つ偽りの言葉に心を奪われ、忌まわしきものを生んでしまいました。助けてイーヴォール様。この国は失われてしまいます。いいえ、この国だけではありません。全ての大地があの怪物に飲み込まれてしまいます。全ての国から人が消えて、言葉が絶えてしまいます。どうか……」

 黒の貴公子が振り返った。肩に、大きな十字を抱えていた。
 黒の貴公子が、ニヤリを口の端を吊り上げた。

 悪魔の王は途方もなく巨大だった。その咆吼は全ての大地を揺らした。天地を支えていた巨人の力も失われてしまい、雨が降り注ぎ、海の水が立ち上がり、大地を津波が飲み込んだ。
 イーヴォールは悪魔の王に立ち向かおうとしたが、押し寄せてくる洪水に飲み込まれてしまった。

 それでもイーヴォールは辛うじて生き残った。しかし敵の圧倒的な大きさに、自信を失っていた。
 イーヴォールはかつての師の許を訊ねた。

師匠
「覚悟はできているのだな」
イーヴォール
「はい。この名前を封じます。悪魔の王を倒す、その方法を見付けるまで……。旅をします。伝説の中を歩きます」
師匠
「イーヴォールよ、影の者になり、世界を歩け。そなたにはもう自由はない。その身に宿された強い魔力が、幽鬼に陥る運命を遠ざけるだろう。使命が永久にお前を縛り付ける。イーヴォールよ、忘れるな。使命を忘れたその時、そなたはおぞましき幽鬼になるのだ」

 イーヴォールは目に涙を溜めながら、頷いた。

 その後……。
 イーヴォールは方々を旅した。様々な伝承を集め、魔の王を滅ぼす方法を探した。
 多くの戦を経験した。多くの死が通り過ぎていった。多くの愚かな生を目撃した。
 旅の最中に、様々な人々と巡り合った。聖剣を扱いうる一族の王権樹立に手を貸した。その王権を安定させるために、歴史の操作も行った。
 あまりにも多くの死を経験し、長すぎる人生を通過し――。
 悲しみも苦しみも、全てどこかに置き忘れたまま――。
 たった1つの目的のために。


イーヴォール
「うぎゃあああああああああああ!」

 イーヴォールは体をのけぞらせて、この世のものとは思えない凄まじい絶叫を上げた。長い黒髪が一瞬にして真っ白に変わる。全身から蒸気が噴き上がり、美しい肌が割れてひびが入るように皺だらけになった。

ソフィー
「バン・シー様! バン・シー様!」

 ソフィーは慌ててイーヴォールの体に飛びついた。
 イーヴォールが倒れた。ソフィーが抱き起こす。イーヴォールはすでに息をしていなかった。イーヴォールは一瞬にして老婆になっていた。目が白く濁り、何も映さなかった。死んでいるのだ。

ソフィー
「そんな……こんなことになるなんて……。バン・シー様……」

 すると、イーヴォールの死んだ目がぱちりと瞬きをした。むくと起き上がった。全身に走ったひび割れが消えて、もとの美しい肌が戻ってきた。白髪だけが残された。

イーヴォール
「これは……」
ソフィー
「バン・シー様!」

 ソフィーは驚きと喜びの混じった顔で、イーヴォールを抱きしめた。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1157]  [1156]  [1155]  [1154]  [1153]  [1152]  [1151]  [1150]  [1149]  [1148]  [1147]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]