忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/03/24 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1156]  [1155]  [1154]  [1153]  [1152]  [1151]  [1150]  [1149]  [1148]  [1147]  [1146]  ■


■2016/05/10 (Tue)
第6章 イコノロギア

前回を読む

 高速道路は少しずつ、車の数が増えていった。どうやら都会に近付いてきたらしい。
「宮川は焦ったんや。化学鑑定を行える施設を作れば、川村の贋作を見破れる……そう思ってたんや。ところが川村さんの贋作は、完璧やった。今となっては、川村さん本人を見付けないと、どうにもならないっていう結論になった。それから、化学鑑定より正確な判定ができる鑑定士を見付ける必要があった」
 ヒナは運転を続けながら説明を続けた。周りの車にも少し注意を向ける。
「そんな人がおるん?」
 ツグミは感心を込めた驚きで訊ねた。
 すると、ヒナが軽く笑った。ツグミはヒナが急に笑った意図が読めなくて、困惑した。
「あんたや。ツグミ。あんたが化学鑑定より正確で完璧な鑑定ができる鑑定士や」
「ええ~! 私? 無理無理、無理やで。私そんなのできへんわ」
 ツグミはびっくりして手と顔をブンブンと振った。
 ヒナはまた少し愉快そうに笑った。
「あんたはもう少し、自分の実力を公平に推し量ったほうがええで。何にせよ、宮川は川村さんを捕まえた後、今度はアンタを探しに来るやろう。気をつけた方がええで」
 ヒナが緊張を取り戻し、ツグミに警告した。
 ツグミはまだピンと来なくて、1人で眉間に皺をひそめて、首を傾げた。
 私の実力なんて、せいぜい近所のおじさんを喜ばせる程度……。そんな大層な力とは思えへんけどな……。
「でも、もし川村さんを見付けたとして、本当に宮川が現れる保証は?」
 言いながら、ツグミは周囲に尾行が追いていないか、心配した。ヒナの話からすると、宮川はヒナを見逃したわけではないらしい。もしもツグミとヒナが川村を探そうとして、さらに見付けられるような可能性が出てきたとしたら、宮川はすっ飛んでくるはずだ。
「絶対に現れる。なんせ、1枚で150億円の絵画やからな。小さな絵やから、持ち逃げしようと思ったら簡単にできる。人任せにはできない。だから、宮川はたった1つの本物を手に入れるために、1度だけ、必ず姿を現す。チャンスはその1回きりや」
 ヒナは言葉に力を込めた。いい加減な“勘”の話ではない。ヒナにはそれだけの確信があるようだった。
 宮川は周到な男だ。今までもそう思わせる事例に、何度も出くわした。それだけに、本物を確実に手に入れるために、宮川自身が姿を見せる可能性は高かった。
 なぜなら、150億円の大金を生み出すとはいえ、その実物は縦72センチ、横64センチという小さな作品だ。「持ち逃げ」しようと思ったら、誰にでもできる。だから確実に『合奏』を手にするために、代理ではなく宮川本人が現れるはずだった。
「もし、そのチャンスを逃したら、次にフェルメールの『合奏』が現れるのは、サザビーズかクリスティーズ……か」
 ツグミはヒナの後を引き継ぐように、呟いた。
 サザビーズ(※1)やクリスティーズ(※2)に“曰く付き”の絵画が出品されるのは、珍しい事件ではない。
 曰く付き絵画が出品されるたびに、様々な研究者やジャーナリストが調査に乗り出している。果たして、その絵画どこから、どんな経緯で国際的なオークションに姿を現したのか。出品者はいったい誰なのか。
 しかしただの一度として、出品者が突き止められた事例は存在しない。サザビーズとクリスティーズのプライバシー保護は、常に万全なのだ。それだけに出品する側にとって、サザビーズとクリスティーズの信頼度は高いといえる。
 フェルメールの『合奏』は確かに盗品だ。ガードナー事件で盗まれた14枚の絵画は、今でもFBIが懸賞金をかけて、捜索している(※3)。
 しかし、事件自体は1997年に時効が成立してしまっている。つまり宮川は、フェルメールの『合奏』を堂々とオークションに出品しても、誰からにも咎められないのだ。

※1 サザビーズ 1744年ロンドンに設立された、最古にして現在も世界有数の美術品オークションハウス。クリスティーズとはライバル関係にある。
※2 クリスティーズ 1766年ロンドンの美術商が設立した美術品オークションハウス。現在、世界でもっとも規模の大きなオークションハウスとなっている。
※3 事件が迷宮化した1997年3月18日、FBIは事件概要をホームページに掲載し、「全作品を良好な状態での無事返還に対しては、500万ドルの報奨金が支払われる」と呼びかけている。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1156]  [1155]  [1154]  [1153]  [1152]  [1151]  [1150]  [1149]  [1148]  [1147]  [1146]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]