忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/03/27 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1162]  [1161]  [1160]  [1159]  [1158]  [1157]  [1156]  [1155]  [1154]  [1153]  [1152]  ■


■2016/05/16 (Mon)
第6章 イコノロギア

前回を読む

10
 高速道路の防音壁の切れ間に、光が瞬くのが見えた。煌びやかなイルミネーションが、街の形を描いていた。
 神戸の夜景だった。ツグミは、夜景を見ようと、頭を上げた。ようやく、神戸の街に戻ってきたのだ。
「ツグミ。悪いけど、家には、戻らへんで。その携帯で、光太叔父さんのところに電話して」
 ヒナは左手を伸ばして、バッグの中の携帯電話を指した。ツグミは指をさされて、初めて目の前に携帯電話があることに気付いた。
「うん。でも、何て?」
 ツグミはファイルをバッグの中に戻して、今度は携帯電話を引っ張り出した。スライドタイプの、赤い携帯電話だ。
 携帯電話をスライドさせると、ディスプレイに光が宿り、メニュー画面が映し出された。
「川村さんの情報、知っとお人って、光太叔父さんしかおらんやろ。身近な手がかりから当たるんや」
 ヒナの言葉に、これまでとは違う熱っぽさが加わった。ヒナは待ったなしで、宮川を追い詰めるつもりだ。
 ツグミは高速道路の案内表示板を見上げた。『西明石』の文字が案内表示板に出ていた。ダイハツ・ムーブはすでに光太の家に向かっていた。
「うん、わかった」
 ツグミは頷いて、携帯電話のボタンを押した。
 ツグミは今さら、コルリが誘拐される直前を思い出していた。コルリは川村の人物像を聞こうと、光太に電話を掛けようとしていたのだった。
 すぐに入力が終わって、携帯電話を耳に当てた。携帯電話から呼び出し音が聞こえてきた。
 ツグミは、ダッシュボードの上に置かれている、時計に目を向けた。すでに、11時を過ぎていた。
 光太はまだ眠ってはいないだろうが、迷惑な電話には違いなかった。
 携帯電話の呼び出し音は、しばらく続いた。やっと電話に応答があった。
「はい、妻鳥です」
 光太の声だった。声が事務的で、ツグミは「やっぱり迷惑だったかも」と思った。
「叔父さん、私です。ツグミです。ごめんなさい、こんな時間に」
 ツグミは、少し丁寧に切り出した。
「おお、ツグミか。どうしたんや」
 光太は、「ツグミ」と聞くと、一転して声が機嫌良くなった。
「あの、これからそっちに行きます。緊急な用事で……」
「こんな時間にか?」
 光太の声が、戸惑う感じになった。いきなりだから無理もない。
「うん。川村鴒爾の件で。すぐにでも知りたい話があるんです。川村鴒爾さん。叔父さん、知っているでしょ。8年前、叔父さんと一緒にアニメの背景描いていた人」
 ツグミは懇願する調子で、それでいて「川村鴒爾」の名前を強調した。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1162]  [1161]  [1160]  [1159]  [1158]  [1157]  [1156]  [1155]  [1154]  [1153]  [1152]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]