忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/06/26 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1164]  [1163]  [1162]  [1161]  [1160]  [1159]  [1158]  [1157]  [1156]  [1155]  [1154]  ■


■2016/05/18 (Wed)
第6章 イコノロギア

前回を読む

11
 光太からすぐに返事はなかった。考えているのか、思い出そうとしているのか、どっちだろう。電話だと顔が見えないから、わからなかった。
「太一の事件で、動きがあったんやな」
 光太はようやく返事をした。いつもにはない重い調子だった。
 ツグミは意外な返事にびっくりして、顔を上げた。光太はこちらが思っている以上に、状況を察しているらしかった。
 それに、光太は事件について何か知っているのだ。ツグミは確信を抱いた。
「うん、そうなんやねん。とても大事が話があるんです。だから、こんな時間で悪いんですけど……」
 ツグミは、一気に要件を告げた。思った以上に話がスムーズに進むのが、嬉しくもあった。
「わかった。待っとおで」
「ありがとう叔父さん。じゃあ、切るね」
 光太は短く了承した。ツグミも短く挨拶を返して、電話を切った。
 携帯電話のディスプレイに、通話時間が映った。わずかに1分の対話だった。
 ツグミは携帯電話をオフにして、バッグに戻そうとした。が、別の要件を思い出した。
「警察にも、電話するね」
 ツグミはヒナに報告して、携帯電話のボタンを押した。
「駄目! 警察はあかん!」
 ヒナは厳しく言って、ツグミを制止した。
「なんであかんの?」
 ツグミは思いがけない制止にびっくりして、ヒナを振り返った。
「宮川は注意深い人間や。ちょっとでも警察の影が見えると、すぐに姿をくらます。警察に連絡するのは、次に宮川と接触した瞬間や。タイミングを間違えたらアカン。大丈夫。携帯電話持っとったら、警察への連絡なんて一瞬や。それ、持って行き」
 ヒナは厳しい調子のまま、理屈を並べた。それでもちゃんとツグミの不安を察してくれている様子だった。
「うん、わかった」
 ツグミは納得して、携帯電話の電源をオフにして、ジーンズのポケットに入れた。軽いはずの携帯電話が、ひどく重たく感じた。
 ツグミはエナメルバッグを後部座席に戻した。高速道路の案内表示板は、すでに明石への到着を示していた。ツグミはパーカーのチャックを上げて、準備をした。
 ダイハツ・ムーブは間もなく高速道路を外れた。インターチェンジを降りて、料金所をくぐった。
 明石の街は静まり返っていた。すでに深夜零時を回ろうとしている。どの家も明かりを消して、眠る時間に入っていた。
 ダイハツ・ムーブは静かな明石の街を、ゆっくりの速度で進んだ。
 明石の街は、明かりといえばコンビニだけだった。住宅街に入っていくと、人通りも全然ない。
 しばらくして、光太の家に辿り着いた。光太の家は、アトリエに光を残していた。待っていてくれたのだ。ツグミは家の明かりを見て、ほっとするような気持ちになった。
 門から少し通り過ぎたところでダイハツ・ムーブを駐めた。ツグミとヒナは車を降りた。
 横から冷たい風が吹き付けてきた。ツグミは寒くてトレンチコートの前を合わせて、光太の家の玄関を目指した。車の中は暖房が効いていたから、風の冷たさが痛くなるくらいに感じた。
 ヒナを先頭に、ツグミは家の門に進んだ。インターホンを押そうとすると、先に玄関に明かりが点いた。
 光太はツグミとヒナが到着するのを待っていたらしい。ツグミとヒナはインターホンを押さずに、家の敷地内に入っていった。
 玄関まで進んで、ヒナが慎重気味に玄関扉を開けた。夜の闇にすっと光が射し込んだ。
 玄関扉が開くと、上がり口に光太が立って待ち構えているのが見えた。光太は青いパジャマに、ガウンを羽織っていた。やはり眠る直前だったのだ。
「おお、来た来た。早う、上がり。……コルリはどうしたん? みんな一緒ちゃうんか」
 光太はツグミとヒナを見て、1人欠けているのに気付いた。
「それは今から、お話しします」
 ヒナが重い調子で答えた。
 ツグミとヒナは靴を脱いで、廊下に上がった。光太を先頭にして、アトリエに向かった。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1164]  [1163]  [1162]  [1161]  [1160]  [1159]  [1158]  [1157]  [1156]  [1155]  [1154]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]