忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/05/25 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1091]  [1090]  [1089]  [1088]  [1087]  [1086]  [1085]  [1084]  [1083]  [1082]  [1081]  ■


■2016/03/06 (Sun)
第10章 クロースの軍団

前回を読む
 そのまま夜通し馬を走らせた。夜が明け、辺りが白み始めてもなお走った。
 旅は順調だったが、昼を過ぎた頃、急にソフィーが調子を乱して、馬の首に寄りかかった。

オーク
「どうしたんだ。早く」
ソフィー
「は、はい」

 ソフィーの声に元気はなかった。
 ソフィーは馬を北へ向けて、走らせようとした。
 だがそこに、矢が放たれた。矢はソフィーが乗る馬の首に命中する。馬が倒れた。
 草むらの向こうから、ネフィリムの一団が現れた。全部で5体。多勢に無勢だ。
 倒れたソフィーはしばらく起き上がれなかった。ネフィリムたちが向かってくる。オークは馬を下りて、ネフィリムに立ち向かった。
 ネフィリムが山刀を手に飛びかかる。オークはネフィリムの攻撃をかわし、山刀を奪い取った。向かってくるネフィリムを山刀で斬り倒す。
 間もなく雲間から光が射し込んで、ネフィリムたちは退散した。オークは辺りを見回す。手に入れたはずの馬は、もうどこにも見当たらなかった。

オーク
「ソフィー、行きますよ」
ソフィー
「はい……」

 ずっと膝をついたままだったソフィーを立ち上がらせて、オークは再び進み始めた。
 オークは走って北へ向かった。ソフィーがオークを追って走る。しかしそのペースはみるみる落ちていく。顔色もよくない。目が虚ろになり、頬も病気のようにこけはじめた。
 だがソフィーは不平を漏らさず、走った。オークはソフィーが気がかりだったが、それでも走り続けた。
 それも、2日が過ぎると限界に達した。ついにソフィーは膝をついた。

オーク
「ソフィー、駄目です。立ってください」

 留まるわけにはいかず、オークは厳しく言った。
 ソフィーは応じようとした。だが立ち上がれず、倒れてしまった。
 オークはソフィーの側に駆け寄った。
 ソフィーは明らかに異常な状態だった。白い肌の向こう側に、黒い何かがうごめくのがはっきりとわかった。何かしらの呪いのようなものを感じさせた。

ソフィー
「ごめんなさい……オーク様。……私は……もう……」
オーク
「いけません。あなたを残して行けません」
ソフィー
「いいえ。魔力を失った私に何の価値はありません。オーク様1人で城に向かってください」

 オークは向かうべき先を見詰めた。草原ばかりで、まだ何も見えてこない。

オーク
「ソフィー、あなたをここに置いて行くわけにはいきません。共に行きましょう」
ソフィー
「オーク様……」

 オークはソフィーを抱き上げて走った。ソフィーはいくらか抵抗しようとしたが、オークに身を委ねた。
 オークはその後も走った。決して歩みを落とさず、草原を進み続けた。ソフィーの体は軽いとはいえ、次第に偉丈夫の体力を奪っていった。ソフィーは何も言わず、オークの背中で揺さぶられていた。
 翌日。
 昼を過ぎた頃、風に混じって蹄の音を聞いた。
 オークははっと足を止めて、膝をついた。草むらに身を潜ませて、蹄の音をただ追った。
 西の方からだ。西の方から、わずか5騎という数の騎馬が走っているのが見えた。
 オークは隠れてやり過ごそうとしたが、騎馬はまっすぐこちらに向かって走ってくる。避けられそうになかった。
 オークはそっとソフィーを草むらの上に置いた。

ソフィー
「……オーク様」
オーク
「もしもの時は声を上げます。じっとしているのですよ」

 それだけ言って、オークは草むらから飛び出した。山刀を手に身構える。
 騎馬もオークに気付いて指をさし、弓矢を構えた。
 しかしオークはようやく気付いて、はっとした。

オーク
「――アステリクス! 私だ! オークだ!」

 騎馬も慌てて武器をしまった。速度を緩めて、オークの手前までやってきて馬を止める。

アステリクス
「オーク殿ではありませんか。いったいどうなされた。北の砦を守備していたのではありませんか」
オーク
「アステリクスこそ。あなたはネフィリムの討伐で、南へ遠征の旅に出ていたはず……」
アステリクス
「……どうやら、お互いに同じことが起きたようですな」
オーク
「反乱ですか」
アステリクス
「はい。仲間に裏切り者が混じっておりました。とある村にさしかかったところで、突然寝返り、村人達にも襲われました。あれは農民などではありませぬな。訓練された暗殺者です。我々は全力で振り切って逃れたのですが、生き残ったのはご覧の通り。オーク様もまさか……」
オーク
「同じです。はじめから兵士達に反逆者が紛れ込んでいました。おそらくは私の暗殺が目的だったのでしょう」
アステリクス
「いったい誰がこんな罠を……」
オーク
「証拠はありませんが、首謀者はおおよその見当がついています。今回の遠征隊の人選を行ったのは……」
アステリクス
「ウァシオか! あの男……」
オーク
「すでに伝令を放ちました。王に知らせが届いているはずです。南で軍団が城に向かっているのを見ました。早急に準備をしなければなりません」
アステリクス
「また戦ですか……。あなたはつくづく不運に見舞われる。伝令ですが、それは確かに信頼できる者でしたか?」
オーク
「まさか……」
アステリクス
「今は最悪の事態を想定しましょう。城まで急ぎますよ」
オーク
「待ってください」

 オークは草むらに隠していたソフィーを抱き上げた。アステリクスは事態を察して、聖女のやつれた顔を覗き込んだ。

アステリクス
「なんてことだ。美しい貴婦人がこんなに顔を暗くさせるなんて」
オーク
「この人を先に乗せてください」
アステリクス
「わかりました。一番の俊足の者に任せましょう」

 アステリクスは部下の馬に乗せると、先に行かせた。俊足の馬は、仲間を待たず、一気に草原を駆け抜けていった。オーク達も馬に乗って、走り始めた。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1091]  [1090]  [1089]  [1088]  [1087]  [1086]  [1085]  [1084]  [1083]  [1082]  [1081]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]