忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/03/31 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1086]  [1085]  [1084]  [1083]  [1082]  [1081]  [1080]  [1079]  [1078]  [1077]  [1076]  ■


■2016/03/01 (Tue)
第6章 フェイク

前回を読む

12
 ツグミは書いてある内容を理解するよりも先に、色々と考えを巡らせた。人質というのは間違いなくコルリを指しているのだろう。するとこれは、宮川からのメッセージだ。それをどうしてかな恵が持ってきたのだろう……。
 事態があまりにも複雑に絡んでいて、頭が痛くなりそうだった。
 ツグミは改めて紙に書かれている文字を読んだ。見覚えのある筆跡だった。それに……。
 ツグミは電話番号の最後に書かれているものを見て、全てを察した。
「う~ん」
 椅子の背に体を預けて、思いきり全身を伸ばす。それから、天井を仰いだ。
 理解するのは容易だったけど、受け入れるのはかなりの苦痛だった。これから何をするべきかが、頭の中で情報がガーッと渦を巻いていた。
 憂鬱だけど、やらなくちゃ……。
 ツグミは呼吸を1つ飲み込んで、視線を元に戻した。
 まず用件が書かれた紙を小さく折りたたんで、ニーソックスに挟み込んだ。次に鋏を手に取り、その刃をキャンバスの麻布に引っ掛けた。
「かな恵さん、ごめん!」
 さすがに耐えきれず、目を閉じた。麻布がびりっと避ける。ほんの端っこのほう。1センチにも満たない裂け目だ。しかし絵を台無しにしてしまった罪悪感は大きかった。
 ツグミは絵画と杖を手に持った。廊下に出る時、ちょっと左右を確認する。高田と木野の気配はない。見られていた心配はなさそうだ。
 ツグミは寝室に入り、衣装棚からトレンチコートを取り出し、羽織った。ポケットに小さなメモ帳とボールペンを押し込んでおく。
 ふとトレンチコートの右ポケットに、何か入っているのに気付いた。宮川の車の中で描いた、あの絵だった。捨ててしまおうかと思ったけど、後回しにした。
 ツグミは寝室を出て、階段の前まで進んだ。そこで足を止める。ツグミは心の準備をしようと、胸を押さえて1つ深呼吸をした。
 ツグミは大袈裟に、ドタドタと音を立てて階段を下りた。わざとらしいかも知れないけど「わー!」と声を張り上げた。
 すぐに、木野が廊下に飛び出してきた。
「どうしたんですか?」
「大変です! お客様の大事な絵を破いちゃいました!」
 ツグミは慌てたふうを装って、木野に絵を見せてみた。
 効果は抜群だった。端がほんの少し破けただけだが、木野の顔がはっきりと青ざめた。
「その絵……いくらするんですか」
「多分、400万円くらい……」
 もちろん大嘘だ。模写がそんな値段になることは絶対にない。
 高田も画廊から廊下に顔を出した。
「すぐに、知り合いの修復家のところに行きたいんですけど、時間がたつと、布の繊維も駄目になってしまいますから」
 ツグミは高田を振り向いて、早口でまくしたてた。「布の繊維が……」というのも、やはり嘘だ。
「行きましょう。車で送ります」
 高田は事態を理解したらしく、頷いた。
「お願いします」
 木野に手助けされて、ツグミは靴を履いた。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1086]  [1085]  [1084]  [1083]  [1082]  [1081]  [1080]  [1079]  [1078]  [1077]  [1076]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]