忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/10/24 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1089]  [1088]  [1087]  [1086]  [1085]  [1084]  [1083]  [1082]  [1081]  [1080]  [1079]  ■


■2016/03/04 (Fri)
第10章 クロースの軍団

前回を読む
 リュタンの住み処を出て、東へ向かった。現在地の確認はできなかったが、東に歩き続け、海が見えてくれば現在地が掴めるはずだった。
 歩き続けるが、行く先は平原ばかりで民家の影すらない。雨はゆるく降り続け、風景を灰色に濁らせていた。
 旅は順調に進まなかった。食糧も道具も何もかも置いてきたので、道すがら必要なものを自身の手で作り、食事は木の実などを見付けては少し食べた。
 オークとソフィーは茫漠とした平原を、休む間も寝る間も惜しんで歩き続けた。
 旅はやがて5日目に入った。ふと向こうの丘を越えたところから、何か音がする。オークとソフィーは身を潜ませて、丘の向こう側を覗き込んだ。
 するとそこに、敵の軍隊があった。敵の軍隊は白銀の鎖帷子で身を多い、粛々と行進している。指揮しているのは、胸に赤い十字を入れた神官達であった。
 大軍勢だった。列は長く続き、ちょっと見ただけでも1万人。いや、もっといるかもしれない。それだけの軍勢が、おそらく王城であろう方向へ進んでいた。

ソフィー
「あれはいったい……」
オーク
「なんてことだ。王に知らせねば……。彼らより先に、城に辿り着かねばなりません」

 オークは敵に見付からないように、そこを離れた。


 オークとソフィーは身を潜めながら、敵の軍団に寄り添うように進んだ。
 やがて夜になり、軍団が野営を始めた。焚き火を燃やし、食事を始めてくつろいだ様子になりはじめた。人家のない平原であるせいか、見張りもほとんど立てていない。
 オークは頃合いを見計らって、軍団に近付いた。ソフィーは少し離れたところで、オークを見守った。オークは茂みと暗闇に身を潜めて、ゆっくりと近付く。
 見張りが気付いた様子はない。オークは単独で接近すると、一瞬のうちに見張りの体に取りついた。素早く喉許を掻き切る。

兵士
「うぅ……」

 兵士の呻く声が漏れる。
 くつろいでいた兵士が何かに気付いたように顔を上げた。
 オークは身を潜めて、別の場所へと移った。
 ソフィーも茂みの中から這い出た。馬が留められている場所へと向かう。誰にも気付かれていない。ソフィーは慎重に辺りを見回しながら、馬を2頭選び、そこから離れようとした。
 そうしている間に、何か不審めいたものを感じた兵士が近付いてきた。茂みの中を松明で照らし、ようやく死体が転がっているのに気付いた。

兵士
「誰かいるぞ! 泥棒だ!」

 オークはソフィーの許へ走った。馬に飛び乗ると、すぐに走った。
 兵士達の間に緊張が広がった。兵士達が武器を手に駆けつけてきた。矢の攻撃がオークを狙う。

兵士
「馬泥棒だ! 馬泥棒だ!」

 兵士達が叫んでいる。
 騎馬兵が追いかけてきた。だがオーク達のほうが早かったし、地の利があった。オーク達は夜の茂みの中を突っ切り、あっという間に追っ手を振り払ってしまった。
 それでもオークとソフィーは、しばらく草原を走り続けた。敵の軍団からだいぶ離れたところで、少し馬の速度を落とした。

オーク
「城へ急ぎますよ」
ソフィー
「はい」

 オークは馬を走らせた。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1089]  [1088]  [1087]  [1086]  [1085]  [1084]  [1083]  [1082]  [1081]  [1080]  [1079]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]