忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/03/24 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1088]  [1087]  [1086]  [1085]  [1084]  [1083]  [1082]  [1081]  [1080]  [1079]  [1078]  ■


■2016/03/03 (Thu)
第6章 フェイク

前回を読む

13
 ツグミは高田と一緒に画廊を出た。木野は留守番だ。
 画廊の手前のスペースに貼り付くように、黒のセダンが駐められていた。「駐車禁止なんじゃ……」とツグミは思ったけど、今は不問にした。
 高田はツグミを助手席に乗せて、セダンを発進させた。高田は急いでいても、運転は丁寧だった。
「どこですか?」
 高田は車を走らせてから、改めて行き先を訊ねた。そういえば、まだ目的地を言っていなかった。
「元町へ、お願いします」
 ツグミは正面を見ながら、切迫感を滲ませて答えた。
 高田は警察官だけに運転は丁寧だったが、苛立っているようだった。信号で停まるたびに舌打ちしていたし、姿勢も少し前のめりだった。
 高田はツグミの膝の上に置かれた模写を、本当に400万円の値打ちがあるのだと思っているようだ。
 ツグミは、申し訳ないな、という気持ちになった。でも今は真相を話していい時ではない。今はできるだけ、緊急事態だ、という顔をした。
 セダンはやがて交通量の多い車道に入っていった。JRの高架橋が右手に現れた。元町商店街の、すぐ手前だ。
 高田は通りの脇の、有料駐車場を見つけて入った。開いているスペースにセダンを駐める。
 ツグミと高田は、セダンを降りて町の通りに入った。ツグミは普段より早い調子で歩く。ツグミの後を高田が従いて歩いた。
 高架下をくぐり抜け、その向こうの路地裏に入った。
 路地裏に入ると、表通りの賑やかさが遠のいた。電車が駆け抜ける音が狭い空間に反響する。暗くジメッとした陰気な通りの向こうに、岡田書店の看板が現れた。
「本当に、ここですか?」
 岡田書店の前まで来たところで、高田が訝しそうに訊ねた。警察官として、という以前に誰であっても胡散臭いものを感じないでいられないだろう。警戒は普通の反応だ。
「はい、そうです」
 ツグミだって、入るのは嫌だ。だが、今は躊躇っている場合ではない。ツグミは迷わず、岡田書店に入った。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1088]  [1087]  [1086]  [1085]  [1084]  [1083]  [1082]  [1081]  [1080]  [1079]  [1078]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]