忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/05/25 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1090]  [1089]  [1088]  [1087]  [1086]  [1085]  [1084]  [1083]  [1082]  [1081]  [1080]  ■


■2016/03/05 (Sat)
第6章 フェイク

前回を読む

14
 岡田書店の中は相変わらず汚かった。書棚は下品な表紙の本ばかりで埋め尽くされている。相変わらず薄暗く、酸味のある不快な臭いがまとわりついてきた。
 まだ昼過ぎの時間だったから、客の数はたったの2人だけだった。それでも、女性だけで入っていくと視線が集まる。高田が睨んで返すと、ツグミたちに向けられた視線は、さっと遠ざかっていった。
 ツグミは奥のカウンターまで進んだ。店の奥に、モップ頭のバイト青年が立っている。いつもの人だ。
「岡田さんに用事があるんだけど」
 ツグミはモップ頭の青年を見上げながら訊ねた。ここに来ると、どうしても言葉が不機嫌になる。
 モップ頭の青年は、無言で、カウンターの後ろを親指で示した。
 出かけていなくて良かった。ツグミは杖を突いて、カウンター後ろの暖簾をくぐろうとした。
 高田がツグミに続こうとした。ツグミは足を止めて、高田を振り向いた。
「すみません。ここで遠慮してくれませんか。中には高級な絵がたくさんありますし、それに、彼、知らない人が来ると緊張してしまうので……」
 ツグミは大事な忠告をする調子で、高田に訴えた。この場所に女性を1人で残しておく……という非情さは充分理解しているつもりだけど、ここは譲れない。
「わかりました。では、これを持っていってください」
 高田は了解して、ポケットから何かを引っ張り出した。携帯電話だ。
「なんですか?」
 ツグミは何となく予感していたが、一応訊ねた。
「GPSが入っているので、持っていると居場所を特定できます。必ず通話状態にしておいてください」
「わかりました」
 ツグミは携帯電話を通話状態にして、スカートのポケットに入れた。
 ツグミは杖を突いて、暖簾をくぐった。
 暖簾をくぐると美術倉庫に出た。以前来た時と、何も変わっていない。絵画が無造作に放り出されている。埃っぽいし、光もほとんど入らない。長くいると体の具合を悪くしそうな場所だった。
「岡田さん、いますか」
 ツグミは呼びかけながら、奥に向かった。慎重に杖を突かないと、足下に転がった絵画を踏みつけそうだった。
 すぐに、奥の棚の陰から岡田が顔を出した。
「おう、嬢ちゃんやないか。どうしたんや、今日は。デートにでも誘ってくれるんか」
 岡田はツグミの顔を見ると、とても嬉しそうだった。ツグミは今日だけは岡田の下品な冗談を、黙って聞き流そうと思った。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1090]  [1089]  [1088]  [1087]  [1086]  [1085]  [1084]  [1083]  [1082]  [1081]  [1080]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]