忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/03/24 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1096]  [1095]  [1094]  [1093]  [1092]  [1091]  [1090]  [1089]  [1088]  [1087]  [1086]  ■


■2016/03/11 (Fri)
第6章 フェイク

前回を読む

17
 ツグミは美術倉庫を出て、書棚が並ぶ本屋に戻った。
 本屋の中を見回したけど、高田の姿はなかった。どこに行ってしまったのだろう。ツグミはモップ頭のバイト青年を振り返った。
 モップ頭の青年は、無言で、店の外を指した。
 ツグミは店の出口に向かった。狭い路地の、向こう側に高田がいた。こちらに背を向けて、うなだれている様子だった。
 ツグミは杖を突いて本屋を出た。高田の背中に近付く。考えてみればエロ本屋に女性1人で残されるなんて、あまり気分がいいものじゃなかっただろうし、もしかしたら客の誰かに失礼な目に遭わされたのかも知れない。そう思うと、ツグミはまた高田に申し訳なく思った。
「高田さん、あの、終わりました。……大丈夫ですか」
 ツグミは気を遣うような声で、高田に話しかけた。
 高田がツグミを振り返った。ぱっと顔を見ただけで、不機嫌なのがすぐにわかった。
「終わりましたか。では、戻ります」
「すみません」
 高田はすぐに歩き始めた。ツグミは高田の背中に頭を下げて、従いて行った。
 ツグミと高田は、寄り道せずに駐車場に駐めた車のところへ行き、移動した。
 高田はセダンのハンドルを握ると、ようやく機嫌を直したのか、ピリピリとした緊張感を解いた。
 ツグミも気分を落ち着かせて、窓の外を眺めた。
 窓の外の風景は、音を失ったように思えた。単に車の窓に遮られているだけだけど。人の足音も風の音も消えて、スクリーンに映した画像が流れ去っていくように見えた。
 考えなければならない計画がいくつもあった。でも、ツグミが今できる行動はすでに終わっていた。後は待つだけ。考えようにも考える必要がなく、それでも考えようとしていたから、ただ空転するばかりだった。
 セダンは元町から、湊川公園脇の静かな通りを駆け抜けていく。車道は賑やかだけど、歩道に人の姿は消えていく。間もなく兵庫区だ。
 ツグミはそんな風景の移り変わりにも、注意が向かなかった。自分の考えに沈んでいて、静かに緊張していた。
 セダンが妻鳥画廊に戻ってきた。妻鳥画廊の手前で停まっていたけど、ツグミはしばらく気付かなかった。
 ツグミはセダンを降りて、妻鳥画廊に入った。高田はセダンを器用に操って、妻鳥画廊のガラス戸横の展示スペースに、隙間なくぴったりと貼り付くようにして駐めた。
 画廊に入ると、テーブルの椅子に座っていた木野が、ぱっと立ち上がった。
「ツグミさん、絵は大丈夫でしたか?」
 木野は不安そうな顔をしていた。木野もあの絵に何らかの価値があると、信じているのだ。
「はい。2日で直してくれるそうです」
 ツグミは木野を安心させるつもりで、軽く微笑んで答えた。
 しかし内心、後ろめたかった。私は今から警察の人を騙すんだ、と思うと気が重かった。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1096]  [1095]  [1094]  [1093]  [1092]  [1091]  [1090]  [1089]  [1088]  [1087]  [1086]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]