忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/10/22 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [997]  [996]  [995]  [994]  [993]  [992]  [991]  [990]  [989]  [988]  [987]  ■


■2015/12/03 (Thu)
第5章 Art Crime

前回を読む

 岡田は絵の前まで進むと、勿体つけるようにツグミを振り向き、笑いかけた。
 ツグミも絵の前まで進み、杖の柄に両掌を重ねて置いた。気持は晴れず、早くしろ、と苛立たしく思った。
 岡田は紫の布をつかみ、ゆっくりゆっくりと布をずり下げる。はらり、と落ちかけたところで、ぱっと布を取り払った。
 現れた絵を前にして、ツグミは一瞬、全てが吹っ飛んでしまった。
 激しく荒れ狂う波。それに翻弄される小さな船。千切れて用をなさなくなった帆布。顔に絶望を浮かべながら、ただしがみつくだけの人々。
 全ての描写があまりにも生々しく、揺れる裸電球の下で、今まさにその事件がキャンバスの上で繰り広げられているような、そんな圧倒されるような描写力がそこにあった。
 それは紛れもなく、レンブラントの『ガリラヤの海の嵐』だった。
 信じられなかった。どうしてこんなところに。頭の中が沸騰しそうだった。
 岡田が「どうや」と言いたげな顔をして、ツグミに笑いかけていた。
 ツグミは絵に引きこまれるように、ふらふらとキャンバスに近付いた。その度に、瞬発的に高まった高揚感が、同じ速度で沈んでいくのを感じた。
 絵の間近までやってきて、色の濃淡や、ひび割れをじっくり見詰める。
 しかし、もうそれ以上に見る必要がなかった。心に浮かんだ結論は覆ることはなかった。
「嬢ちゃん、どうや。何とか言うてみい」
 岡田の声が期待に上擦っている。
「これは贋物やわ」
 ツグミは絵を見上げたまま、ぽつりと断定した。
「そんなアホな。嬢ちゃん、もう1回よお見てみい。本物やろ。なあ、本物やろ」
 岡田が一転して、慌てた声を上げてツグミの肩を掴んだ。
 岡田の動揺も、少しは同情できると思った。確かに、凄まじく出来がいい。ツグミも自分で言いながら、実は確信が持てないでいた。論理的に説明ができない。どこでどうやって真贋の区別を付けるべきなのか。ただただ、ツグミ自身に浮かんだ直感が、「それは贋物だ」と強く告げていた。
「本当によおできてるけど、あかんわ。岡田さん、これ、贋物やで」
 ツグミは自分の直感に逆らわず、岡田を振り向いて首を振った。
 岡田の顔に、とてつもない失望が浮かんだ。頭を抱えて、今にも倒れそうな感じにふらふらと下がった。
 この男も画商だ。それなりに目利きとしてのプライドがある。それが今、大きく抉られたのだ。
「岡田さん、いくら払ったん? これに」
 さすがのツグミも同情する気分になった。
「いや、言いたくない。忘れたいわ。貯金が一瞬でパーやわ」
 岡田はもう我をなくすように、側にあったスツールに腰を下ろした。
「……そうやろうな。本物のガラリヤが、こんなところにあるわけがない。あれは幻の絵や。やっぱり、日本に入ってきてなかったんや」
 岡田はがっくりうなだれて、ぶつぶつと呟き始めた。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [997]  [996]  [995]  [994]  [993]  [992]  [991]  [990]  [989]  [988]  [987]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]