忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/07/27 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1002]  [1001]  [1000]  [999]  [998]  [997]  [996]  [995]  [994]  [993]  [992]  ■


■2015/12/08 (Tue)
第7章 王国炎上

前回を読む
 バン・シーは城を出ると、城下町へと降り、ある屋敷に入っていった。大きな建物で、作りは堅牢、兵士の厳重なる警備で守られていた。中に入ると、避難してきた人達で一杯にひしめいていた。
 王城は砦ではなく、多くの一般人を要する1つの街である。こうした戦いの折りには、人々の住居は接収され、住民達はこのような場所に集まることになっていた。
 人々が憂鬱にうなだれ、戦の嵐が過ぎるのを、ただ待っていた。
 バン・シーはその中へ入っていき、人々の様子を一瞥しながら、少し距離を置きつつ、やはり同じようにうなだれた。悪魔との戦いを含めた、強引な征旅の疲れもあったが、それ以上に途方に暮れていた。
 ――望むものは揃いつつある。しかし……。
 今頃は大門の前で、魔界の眷属との戦いが始まっている頃だ。激しい戦いになっているだろう。その戦いはこれから底なしに激しくなっていくだろう。
 そんな時、ふと歌声が聞こえた。
 こんな暗いところで暗い時に場違いに思えたが、歌声はあまりにも美しく、清らかで暖かいものが込められていた。憂鬱に沈んでいた人々の顔から翳りが消えて、明るい表情が広がり始めた。バン・シー自身も、歌声を聞いていると、腹の底から重苦しいものから解放されるのを感じた。それ以上に魔術師の勘というべき何かに導かれ、歌声の主を探して歩いた。
 そこにいたのは、ソフィーであった。
 ソフィーの周囲には、人だかりの山が築かれ、人々はうっとりとソフィーの歌声に耳を傾けていた。歌声は優しさに満ちて、詩は心地よい情緒を歌い、聞いているだけで心を晴れやかにするようだった。
 それだけではなかった。バン・シーは驚いて自身の身体を見た。先の戦いで負った無数の傷が、塞がれて傷跡すら残さず消えていくのだ。バン・シーは歌声の魔力に感嘆の息を漏らした。
 やがて歌が終わった。人々からやんやの大拍手が沸き上がる。ソフィーはぺこりと頭を下げると、そこから立ち去ろうとした。バン・シーはソフィーを追いかけて、その手を掴んだ。

ソフィー
「バン・シー様」
バン・シー
「素晴らしい歌声であった。あのような歌声を持つ者に巡り会えたのは数百年ぶりだ」
ソフィー
「ありがとうございます。人々の心の慰めになれば、幸いです」
バン・シー
「そうだな」

 バン・シーに笑顔が浮かんでいた。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1002]  [1001]  [1000]  [999]  [998]  [997]  [996]  [995]  [994]  [993]  [992]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]