忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/08/20 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1003]  [1002]  [1001]  [1000]  [999]  [998]  [997]  [996]  [995]  [994]  [993]  ■


■2015/12/09 (Wed)
第5章 Art Crime

前回を読む

 硫黄の臭いは強烈だった。店の客は何かを感じたらしく、検査が終わる頃には1人もいなくなっていた。
 ツグミは1人で薄暗い通りに出ると、ゆっくりと深呼吸した。こんな陰気な通りだけど、硫黄の臭いに較べるとよほど新鮮に思えた。
 しばらくして店の中に戻った。まだ硫黄の臭いが店に残り、どんより曇っているように思えた。モップ頭のバイト青年は、殊勝なことにカウンターを守り続けている。
 ツグミは奥へと入っていった。硫黄の臭いはさらに深さを増していく。そんな中で、岡田がスツールに腰を落とし、がっくりと肩を落としていた。ショックは相当大きかったらしい。頭の白髪が、一瞬にして大量に増えたような気がした。
 ツグミはむしろほっとしていた。もしレンブラントの『ガリラヤの海の嵐』がこんなところで発見されたとなれば、事件としては大きすぎだ。できれば、そんな事件と接したくなかった。
「もう、この絵は売ったら駄目ですよ。贋物とは知らなかった、なんて言い訳、通じませんから」
 ツグミは冷淡な感じに忠告した。
 忠告しないと、岡田は平気で人に売っちゃうだろう。それに、この絵には犯罪の臭いがする。最初に考えたように、この絵は『絵のロンダリング』の最中だったに違いない。
 ツグミはもう一度、絵の前に近付いて、『ガリラヤの海の嵐』を見上げた。
 側で見ると、凄まじい迫力だった。贋物だとわかった後でも、心掴まれる力強さがあるように思えた。果たして、図版を右手に置いて写し取っただけで、ここまでの迫力は生まれるものだろうか。
 見ていると、ふと胸の深いところで、トクン、と打つものを感じた。
 覚えのある感覚だった。というより、絵を見た瞬間からそれを感じていた。見ていると、不思議なくらい切ない気持がこみ上げてくるような、そんな感覚を……。
 もしツグミの直感が正しければ、この贋作の作者は……。
「どうした、嬢ちゃん。いい男でも見つけたか」
 岡田が傷心を引き摺りながら、それでも冗談を言う。
 冗談なのは重々わかっている。それでも岡田の言う冗談には、いちいちカチンと来るものがあった。
 が、今は苛立ちをぐっと抑えた。
「この絵の出所、教えてくれますか」
 ツグミはもう少し深入りしてみよう、と考えた。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1003]  [1002]  [1001]  [1000]  [999]  [998]  [997]  [996]  [995]  [994]  [993]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]