忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/05/25 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1007]  [1006]  [1005]  [1004]  [1003]  [1002]  [1001]  [1000]  [999]  [998]  [997]  ■


■2015/12/13 (Sun)
第5章 Art Crime

前回を読む

 1人きりになると、ツグミはさっそく席を立って、床の間に飾られた美術品の前に進んだ。床の間に、価値のありそうな絵画や焼き物がずらりと並んでいる。こんな立派なお屋敷だから、きっと本物に違いない、とツグミは気持ちを高鳴らせて近付いた。
 絵画は児島虎次郎の作品で、着崩した浴衣姿の女が描かれていた。焼き物は魯山人だ。
 しかし、近付いて美術品を覗き込んでみて、すぐに「あれ?」と拍子抜けた気分になった。一目で贋作とわかる、粗悪なものばかりだった。
 児島虎次郎は、ただチューブから出した絵具を塗りたくっただけで、デッサンは素人レベルだ。魯山人はろくろを使わないおおらかな作品が特徴だが、そこに並んでいる品は単なる子供の粘土遊びだ。魯山人の振りをするには、あまりにもおこがましい。
 ツグミは絵画と焼き物の前までやって来て、軽く困惑した。こんな大屋敷に出来の悪い贋作を見るとは思ってもいなかった。家の造りや玄関には優れた美的センスを感じたのに、この妙なギャップは何だろう?
「随分、待たせたね」
 いつの間にか客間の入口に男が立っていて、ツグミを覗き込むように見ていた。焼き物を観るのに夢中になっていて、気付かなかった。
「す、すいません。勝手に拝見させていただきました。私、妻鳥ツグミと申します」
 ツグミは慌てるように深く頭を下げて挨拶した。
「いや、いいんだよ。私は大原紀明。この屋敷の現当主、ということになるかな」
 大原紀明は人が良さそうな微笑を浮かべた。
 年齢は50歳をちょっと過ぎたくらいだろう。髪はグレーで、後ろに撫で付けられている。黒縁眼鏡を掛けた、いかにも真面目で、堅実そうな男だった。
「岡田さんからの電話で、まだ子供だと聞かされたけど、驚いたね。君は鑑定もできるそうだね。この床の間の物は、僕自身で買ったものなんだよ。どうかね」
 紀明は人当たりの良さそうな、優しい微笑みを浮かべた。
 なんとも、「贋作です」とは言いにくいシチュエーションだった。
「えっと……。そうですね。結構な品です」
 ツグミは慎重に言葉を選んだ。顔面が引き攣りそうになるのを、懸命に堪えて、どうにか苦労して笑顔を浮かべた。
 テーブルを挟んでツグミと紀明が向かい合って座った。女中がやって来て、お茶を入れなおし、2人に羊羹を置いて去っていった。
 紀明が床の間を背にする形だった。この位置関係だと、ツグミの視界に贋作がちらちらと目に入って、気になって仕方なかった。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1007]  [1006]  [1005]  [1004]  [1003]  [1002]  [1001]  [1000]  [999]  [998]  [997]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]