忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/07/27 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1012]  [1011]  [1010]  [1009]  [1008]  [1007]  [1006]  [1005]  [1004]  [1003]  [1002]  ■


■2015/12/18 (Fri)
第7章 王国炎上

前回を読む
 雨が降って、とつとつと音を立てていた。
 ソフィーは馬の背に乗り、手綱をしっかり握ったまま眠っていた。バン・シーがソフィーの馬をひいて、速度を落とさぬように走っていた。
 ソフィーは雨が頬を叩く感触に、はっと目を覚ました。

ソフィー
「ごめんなさい。眠っていました」
バン・シー
「構わん。キール・ブリシュトの戦いから3日眠っておらんのだ」

 バン・シーはソフィーの馬から手を離した。
 ソフィーは目を擦って、馬の上で姿勢を正し、手綱を握り直した。いつ眠りに落ちたのか、覚えていない。
 2人は森の深い小道に分け入り、岩が剥き出しになった険しい荒れ地を進んでいた。人知れぬ道で、バン・シーの案内がなければ、道を見付け出すのは困難な場所だった。

ソフィー
「…………。バン・シー様。あなたの目論見はなんですか」
バン・シー
「いきなりだな」
ソフィー
「あなたはいい人です。でもあなたは人生を愛していません。ただ目的にために生きています。私を連れ出したのは、単にお人好しのためではないのでしょう」
バン・シー
「ならばそなたはなぜ誘いに応じた」
ソフィー
「守りたい人がいるから。その人に認めてほしいから」
バン・シー
「それは私も同じだ。ただ守るものが違う。それだけだ」

 短く、沈黙が降りた。ソフィーはバン・シーの横顔をちらと見た。

ソフィー
「あなたは……それで幸せなのですか?」
バン・シー
「幸福か。そんなものは捨てた。そなたの言うとおりだ。私は人生を愛していない」
ソフィー
「寂しくないですか」
バン・シー
「乙女よ、世界はもっと大きい。人生には選択しなければならない時がある。その時に多くの望みを捨てねばならない。しかし私に後悔はない。だから恐れも迷いも、私には何も感じないのだよ」
ソフィー
「……私にはできません」

 うつむいてソフィーは呟いた。バン・シーの言葉をすぐに理解できず、頭の中が混乱しそうだった。

バン・シー
「さあ、ついたぞ」

 森の中に、森の風景に混じるようにひっそりと庵が1つ建てられていた。屋根があるだけでそれは住居と呼ぶには遠く、何か宗教的な場所に思えた。
 2人は馬を止めて、挨拶もなしにその中に踏み込んでいった。ソフィーは庵に入った瞬間、峻厳な気配を感じてはっと足を止めた。まるで森の神と一体となるかのような深い深い意識が横たわっていた。その空気を庵の奥にいる導師から発せられているとすぐに気付いた。
 ソフィーは導師の前まで進むと、膝を着き、頭を下げた。かの者は無名なれど、今まで知る賢人の中でも特別な存在であると直感で理解した。

老賢者
「そなたか。……世の中にはわからぬことが多すぎる。大抵は理解したつもりで調子よく生きていくものだ。しかし問題はもっと簡単で根本的だ。バン・シーよ、そなたの本当の名はいったい何だ?」
バン・シー
「人生には知らぬほうがいい事実がいくらでもあるし、どんなに手を伸ばしても大抵は知り得ない。それよりも今日は急ぎ頼みたいことがある。この娘に『大結界』の術を伝授して欲しい」

 ソフィーは導師の前に出て、改めて頭を下げた。
 しかし老賢者は少女のほうを見ずに、首を横に振った。

老賢者
「相変わらず無理をお言いになる。バン・シーもあの呪文の長さは知っておるだろう。急ぎと言っても正しく伝授しようものなら、少なくとも3年……。こんな年頃の娘だと……」
ソフィー
「いいえ、お気遣いなく。一度聞けば全て覚えられます」

 決意に満ちた目で、ソフィーは老賢者に答えた。

老賢者
「……ほう」

 老賢者は訳知り顔でバン・シーに目を向けた。バン・シーは目だけで導師に答えを返した。

老賢者
「いいだろう。始めるぞ」

 老賢者の身から、これまでになく峻厳な気配が溢れた。長い長い呪文の始まりである。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1012]  [1011]  [1010]  [1009]  [1008]  [1007]  [1006]  [1005]  [1004]  [1003]  [1002]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]