忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/06/26 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1017]  [1016]  [1015]  [1014]  [1013]  [1012]  [1011]  [1010]  [1009]  [1008]  [1007]  ■


■2015/12/23 (Wed)
第5章 Art Crime

前回を読む

14
 大原家の門を出ると、タクシーが待ち構えていた。もちろん、料金は紀明持ちだ。
 紀明の美的センスには引っ掛かるものがあったが、ツグミはこの人物に、かなり好感が持てるようになった。きっと何もかも、先代、眞人の美意識や教育の賜物だろう。できれば、生前にお目にかかりたかった。
 タクシーで岡山駅まで送ってもらい、新幹線に乗った。いよいよ岡山ともお別れだ。
 夕方4時頃、新神戸に到着した。風景に柔らかいオレンジの光線が混じり始める頃である。
 駅から出ると、何だか妙に空気が心地よかった。いい時間、というのもあるが、何か得して帰って来た気分だった。
 浮いたお金でバスにでも、と行きたいが、駅からは歩くことにした。毎日、家計簿と向き合っている者としては、節約は重大事項だ。
 新神戸駅を離れて、生田川公園方面の大通りには行かず、脇道の、異人館通りに入っていった。兵庫区へ行くには、こちらのほうが近道なのだ。
 しばらく白の石畳で舗装された坂道が続き、それを越えると不思議な風景が現れる。異国情緒溢れる洋館に、この界隈だけで運行している、旧国鉄風のバス。観光客が賑やかに犇いていた。
 異人館通りは、その名の通り、異人館を始め、各国領事館や、外国料理店といった建物が集っている。神戸の観光スポットとして知られていて、様々な国の人たちが騒々しく行き交っている。ツグミは順路に逆らうように、白煉瓦の通りを進んだ。
 ツグミは、すぐにでも一休みしたくなった。紀明が持たせてくれたお土産が思った以上に重かった。
 それに、左手の絵画は難物だった。常に肘を曲げていないと、地面に擦ってしまう。右手は杖だから持ち返るわけにはいかないし、ツグミは次第に疲れて、指の先が痺れてくるのを感じた。
 ああ、どうしよう。家まで体もつかな……。
 ツグミは家までの道のりを考えて、気が遠くなってしまった。道が下り坂なのがせめての救いだった。逆だったら、行き倒れていたかも知れない。
 そんな時、後ろから誰かが走って来た。振り向く気力すらなかったので、無視してやり過ごそうとしたけど、
「ツグミ、ツグミ、こっち向いて!」
 コルリの声だった。
 助かった、と思って振り向く。が、そこにあったのはコルリの顔ではなく、EOSのレンズだった。
 ツグミは、振り向いた格好で思わず固まってしまった。視線を遠くに定める。
 パチッと、デジタルカメラ特有の味気ない音で、シャッターが切れる。
 コルリはちょっとカメラを下げて、手で「そのまま」と指示しながら、2歩下がってフレームを変え、もう1枚パチッと撮った。
 ツグミはだんだん恥ずかしくなってしまった。カメラのレンズに反応して、思わずポーズを決めてしまった。自分で思った以上に被写体慣れしているのに、今さらながら気がついた。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1017]  [1016]  [1015]  [1014]  [1013]  [1012]  [1011]  [1010]  [1009]  [1008]  [1007]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]