忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/04/24 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1016]  [1015]  [1014]  [1013]  [1012]  [1011]  [1010]  [1009]  [1008]  [1007]  [1006]  ■


■2015/12/22 (Tue)
第7章 王国炎上

前回を読む
10
 気付けば、辺りは暮れかけていた。一日中暗く、雨ばかり続いたので、ソフィーには時間の経過がまるでわからなかった。
 今ようやく導師による呪文の伝承が終わり、玄妙なる一時が過ぎ去って辺りは急速に自然の穏やかさが戻りつつあった。ソフィーは1日限りの師に恭しく頭を下げ、導師も1日限りの優秀なる弟子に敬意を込めて頭を下げた。
 ソフィーは立ち上がろうとして、よろめいてしまった。バン・シーに支えてもらった。
 庵を後にすると、ようやくソフィーは時間の経過に気付いて、途方もないような気持ちになった。

ソフィー
「……バン・シー様、私は子供なのでしょうか」

 馬に乗ったところで、ソフィーが訊ねた。

バン・シー
「どういう助言を望んでいるのかね」
ソフィー
「自分が好きになった相手に、自分を受け入れてもらいたいなんて、わがままだという気がしたのです。私、意地を張って彼をこんなふうに困らせて……。私は子供なのでしょうか」
バン・シー
「お前はまだ17だ。事実、まだ子供だ。私としては利害が一致したと考えるね。あの者を愛しているのだろう」
ソフィー
「はい」

 ソフィーはかすかに頬を赤くする。

バン・シー
「ならばそなたの信じるようにすればいい。そなたの選択したとおりにな」
ソフィー
「――はい」

 2人は馬を進めた。空は暗く、あちこちに灰色の水溜まりを浮かべていた。向かう先は明快だった。進行方向に、ソフィーが見た経験もない暗い空と、どろりと漂う気配があった。ソフィーとバン・シーは馬を急がせた。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1016]  [1015]  [1014]  [1013]  [1012]  [1011]  [1010]  [1009]  [1008]  [1007]  [1006]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]