忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/06/29 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [862]  [861]  [860]  [859]  [858]  [857]  [856]  [855]  [854]  [853]  [852]  ■


■2015/07/23 (Thu)
第1章 最果ての国

前回を読む

 ミルディは族長の屋敷を後にして、村の様子を見下ろす。族長の屋敷は、丘の一番高いところに作られている。屋敷の庭に立つと、階段状に開墾された村の様子を俯瞰して眺められた。
 戦の後始末はまだまだ終わりそうにない。怪我人の治療。死体の回収。汚れた麦畑の焼却。もくもくと噴き上がる黒煙と一緒に、すすり泣く声が這い上ってくる。村の回復は、まだまだ遠い先のようだ。
 ミルディはそんな様子を俯瞰しながら、考えに沈む。
 しばらくして、ミルディは村へと降りていく。民家が集まる界隈へと入っていく。どの家も崩れて、悲しみが深く感じられた。農作物も家畜も、見るからにひどい痛手を受けていた。誰も族長のミルディに目も向けない。
 ミルディは鍛冶屋の工房を訪ねた。

ミルディ
「火は起こせますか」
鍛冶屋
「戦の間も火は絶やしませんでした。何か仕事を?」
ミルディ
「仲間を連れて戦いへ行きます。上質の剣と盾を人数分」
鍛冶屋
「……了解」

 鍛冶屋はかすかな驚きを浮かべるが、間もなく承知して頭を下げた。
 ミルディは鍛冶屋を後にする。さらに丘を降りていき、畑を横切っていくと、石塚の外縁へと出て行く。そこに小さな森が置かれ、木々の下に墓がいくつも作られていた。
 森は明るい光を射し込ませている。墓は長い木の杭のような形をしていて、それぞれに家紋が掘られていた。雨の後で黒く湿らせていたけど、今は明るい光で煌めき始めていた。
 ミルディは墓場の奥へと進んでいく。数段の階段を登り、その向こうの小道へと入っていく。
 そこに、歴代族長を祀る墓が置かれていた。そこに老婆が1人。

ミルディ
「母上でしたか」
ミルディの母
「あなたですか。ドルイド様との話は終わりましたか」
ミルディ
「戦いへ行きます」
ミルディの母
「戦いは終わらぬものですね」
ミルディ
「終わらせるために戦うのです。妻も、きっと守ってくれます」

 ミルディは墓の前で膝を着き、手を組み合わせる。

ミルディの母
「ミルディ。私には未来は語れないけど、予感はします。とてもよくない予感が……」
ミルディ
「それでも行きます。ネフィリムの襲撃は絶え間なく続くでしょう。この間のような戦が繰り返されれば、村は消耗し、いつか一族は絶えてしまいます」
ミルディの母
「あなたの父親も、戦いました」
ミルディ
「祖父も戦いました。私の代で一族を絶えさせるわけにはいきません」
ミルディの母
「あなたの判断です。そしてあなたは一族の代表。賢明な判断であると信じています」
ミルディ
「必ず戻ります」
ミルディの母
「ええ、必ず」

次を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [862]  [861]  [860]  [859]  [858]  [857]  [856]  [855]  [854]  [853]  [852]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]