忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/06/29 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [867]  [866]  [865]  [864]  [863]  [862]  [861]  [860]  [859]  [858]  [857]  ■


■2015/07/28 (Tue)
第1章 隻脚の美術鑑定士

前回を読む

「感想を聞きたいな」
 川村がツグミの側にそっと耳を寄せて囁いた。
 ツグミは思わず悲鳴を漏らして川村を振り向いた。それから、みっともなさを取り繕うようにうつむいた。
「あの、ごめんなさい。えっと、これはチェンバロ?」
 動転してしまったのか、絵を指さしながらどうでもいいことを訊ねてしまっていた。
「うん、そうだよ」
 川村は軽く微笑んで、杖を拾ってツグミに差し出した。
 絵の左隅のほう、影に覆われた部分に、絨毯が被せられ、本が大量に積み上げられた何かが置かれていた。ツグミはちらと僅かに見えた脚で、チェンバロだと気付いたのだ。
「それじゃ、その、ぜひ家で取り扱わせてください。いま契約書を持ってきますね」
 ツグミは川村から杖を受け取り、恥ずかしい気持ちをごまかすように早口に言った。
 胸のドキドキがどうしようもなく高鳴っていた。きっと顔を真っ赤にしているに違いない、と思うと川村を真直ぐに見られなかった。
 ツグミは逃げ出すような気持で電話棚に向かい、引き出しから契約書を1枚引っ張り出した。契約書とは名ばかりで、単に氏名、住所、電話番号の書く欄のある事務伝票だった。
 川村にテーブルに着くように勧めて、自分も椅子に座り契約書とボールペンを差し出した。川村がさらさらと契約書に文字を書き始める。
『氏名=川村修治 住所=神戸市垂水区…… 電話番号=6092―7824』
 ツグミは川村の手の動きをじっと眺めた。そうか、修治さんって言うんや……。川村はなかなかの達筆だった。
 川村はすぐに契約書を書き終えて、ツグミに差し出した。ツグミは日付と担当者名を書き込み、それから、おや、と気付いた。
「電話番号、ちょっと短いですよ」
 電話番号は8桁までしか書かれていなかった。
「本当に? そうだな、じゃあ、零を2つ……」
 川村は契約書を引き戻し、電話番号の後ろに零を2つ書き足した。
 それからツグミは「ちょっと待っとってくださいね」と席を立ち、再び棚に向かった。
 下から2番目の抽斗。そこに、小さなダイヤル式の金庫が収まっていた。レジはないから、この金庫に金を入れていた。ダイヤルを回し、金庫を開ける。中を覗きこんでみて、あっとなった。たったの2000円しか入ってなかった。
 どうしよう。と思ったその時、ポケットに入れられた11万円を思い出した。ツグミは川村に気取られないように、ポケットの中の封筒をそっと引っ張り出した。中のお札を抜き取り、《妻鳥画廊》の印の入った封筒に移し変える。
 その作業が終わると、ツグミは何でもない微笑みを取り繕って、川村の前に進んだ。川村は席を立って、ツグミを待っていた。
「ありがとうございます。これが絵の買い取り料です。絵が売れたら、半分が川村さんの分になります。ちょっと少ないと思うけど、どうぞ」
 ツグミは丁寧に言って、封筒を差し出した。
 しかし川村は封筒を受け取らなかった。ツグミの掌を優しく包み込み、封筒を引き戻した。
「あ、あの……」
 ツグミは困惑して川村を見上げた。
「これは君のポケットに入っていたお金だろ。いいよ。お金は絵が売れてからでいい」
 静かに諭すようだった。
 川村の優しさが返ってつらくて、ツグミは憂鬱な気持ちになって目を封筒に落とした。
「……家でいいんですか。こんな立派な絵、本当に家なんかでいいんですか?」
 ツグミは思い切って口にしてみた。川村の絵があまりにも素晴らしくて、後ろめたく思ってしまった。不相応。自分の胸の中で、自分ではない誰かが非難するように思えた。
 川村は迷いなく頷いた。
「ここだからいいんだよ。君を信じてるから」
 川村の言葉が、すっとツグミの気持に流れ込んでくるようだった。ツグミはこれまでになく胸が熱くなって、川村の顔をただただじっと見詰めてしまっていた。恥ずかしいという気持も、今のツグミの胸には入る余地がなかった。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [867]  [866]  [865]  [864]  [863]  [862]  [861]  [860]  [859]  [858]  [857]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]