忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/12/11 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [872]  [871]  [870]  [869]  [868]  [867]  [866]  [865]  [864]  [863]  [862]  ■


■2015/08/02 (Sun)
第1章 最果ての国

前回を読む
 ミルディを奇妙な心地が包んでいた。
 猛烈な気怠さに屈してしまいそうだったけど、ミルディは薄く目を開けた。
 視界が暗く閉ざされていた。寒々とした冷気が、辺りで渦を巻いていた。おどろおどろしい陰気さが包んでいた。
 耳の側に、カチャ、カチャと軽い音が近付くのを感じた。
 ミルディが顔を上げる。そこにいたのは、古いローブを身にまとった何者かだった。その者の体を、ずっと視線で追っていくと、髑髏の頭に辿り着いた。
 いうまでもなく、地獄の死者、死の御使いだった。

ミルディ
「己を迎えに来たのか……」

 死の御使いはミルディの前で足を止めて、じっと見下ろした。眼球を失った髑髏の穴が、じっとミルディを見詰めていた。体がひどく冷たく感じた。

死神
「お前じゃない。イーヴォール……イーヴォール……どこだ? イーヴォール……」

 死の御使いは、女の名前を呼びながら、ミルディの側を通り抜けていった。
 ミルディはふっと安堵に包まれた。
 すると、体が何者かに掴み上げられた感覚があった。奇妙な浮遊感がしばし体を包んでいた。
 唐突に、世界は色彩を帯び始めた。草原がゆるやかに波を打ち、黄昏が落ちる様がくっきりと浮かんだ。
 体が不安定に揺れていた。太陽のぬくもりを感じた。
 馬に乗っているのだ。誰かに馬の背に乗せられて、草原を進んでいるのだ。

バン・シー
「眠っていろ。まだ休息が必要だ」

 あの洞窟で見た、女の顔だった。
 どうやらこの者が闇の世界に連れて行くつもりらしい。ミルディはかすかに微笑みを浮かべて、意識が暗転するのに身を委ねた。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [872]  [871]  [870]  [869]  [868]  [867]  [866]  [865]  [864]  [863]  [862]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]