忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/12/11 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [865]  [864]  [863]  [862]  [861]  [860]  [859]  [858]  [857]  [856]  [855]  ■


■2015/07/26 (Sun)
第1章 隻脚の美術鑑定士

前回を読む

 ツグミは暖簾を敢えて外さなかった。川村との用事が済めばもう閉店の時間だ。妻鳥画廊は従業員を雇っているわけではないので、夕食の時間になったらもう店を閉めてしまう。つまり、妻鳥画廊が営業しているのはツグミが学校から帰ってきて夕食の準備を始めるまでの時間だけだった。
 それに……ちょっとの間だけでも川村と一緒の時間を過ごしたかった。
「いいよ。僕も勝手に入ってしまったし。それに、久し振りに光太さんの絵をゆっくり見られたしね」
 と川村は壁に掛けられた2枚の絵に目を向けた。表情の乏しい川村の目に僅かな輝きが現れた。美術好きが好みの美術に出会ったときの特有の反応だ、とツグミは思った。
「光太さんのこと、知っとってですか?」
 ツグミはちょっと嬉しい気持ちになり、川村の側に並んで光太の絵を眺めた。
「昔、一緒に仕事したことがあるんだ」
 どことなく思わせぶりな感じだった。
 ツグミは絵を眺めているふりとしながら、川村の姿をチラチラと見た。川村は黒っぽい革ジャンに黒っぽいジーンズを履いていた。目を引きそうな柄模様や、メーカーロゴすらない。これといって特徴のない格好だけど、ツグミには川村の格好が不思議と天狗装束のように見えていた。川村に漂う何となくこの世の者でない雰囲気が、ツグミにそんな印象を与えているのだろうか。
「こっちの写真も素敵だね。カメラを使っている人の気持が写真に出ているよ」
 川村は光太の絵の左横に飾られている写真を指さした。構図の右隅に小さく鉄塔が映り、もくもくと膨れ上がる積乱雲が、それを覆わんと広がりかけていた。
「あ、こちらは私の姉の作品なんです。コピーでよろしければ、1000円でお売りしますよ」
 ツグミは川村が指差している方向を振り向きつつ、そそっと川村に触れるくらいの側に近付いた。何だか胸がそわそわと高鳴ってくるようだった。川村のぬくもりや、油絵具の匂いをほんのりと感じて、うっとりした気分に酔いそうだった。
 光太はツグミの叔父で、『妻鳥光太』という名前の絵描きだった。それなりに名の知れた画家で、時々、身内のために絵を描いて画廊に置いてくれる。一般的には妻鳥画廊と光太が従兄弟だという関係は知られていないが、目ざとい愛好者や収集家が光太の絵を安く得られると知ってやってくる。たまにやってくるお客さんというのは、そういう人たちだった。
 川村がふっとツグミを振り返って、微笑みかけた。思わず目が合ってしまって、ツグミはあっと川村から離れた。急に恥ずかしくなって、もじもじと視線を落とす。
 とそこで、ツグミは椅子にもたせ掛けるように置かれている板状のものに気付いた。きっと絵だ。目測で20号よりやや大きい。21号との間くらいだろう。それが新聞紙に包まれて、紐で縛られていた。
「あっ、絵、持ってきてくれたんですね」
 ツグミはやらしい自分の気持をごまかすように、目に入った絵を話題にした。実は以前会ったときに、約束していたのだ。「今度、僕の描いた絵を持ってくるよ」と。
「うん。いいものができたからね」
 川村はちょっと得意げに微笑んだ。きっと自信作なのだろう。
 川村が絵を手に持ち、画廊の隅に置かれているイーゼルに目を向けた。ツグミはすぐにイーゼルを川村の側に持ってきて、準備をした。川村がイーゼルに絵を掛けて、紐を解いた。絵の表面に新聞紙が掛かったまま状態にして、1歩下がってツグミに促すようにした。
 ツグミはちょっと川村を見て、絵の前に進んだ。どんな絵なんだろう、と気持が緊張で昂り始めた。新聞紙の端を掴み、すっと取り払った。
 ツグミは、思わず杖を取り落としてしまった。体の奥のほうから、ぞぞぞと何かが湧き上がってくるものがあった。金縛りにあったように、一瞬身動きが取れず呼吸もできなかった。
 絵の左横に窓があって、厚いカーテンが被せられていた。僅かに漏れ出した光が床を白く浮かび上がらせていた。
 部屋の中は雑然としていて、テーブル、椅子、楽器、ベッドなどが暗闇の中で有象無象の構造物となって浮かび上がっていた。
 人物の姿はない代わりに、テーブルや床に古い本が山となって積み上げられていた。旧約聖書の《アブラハムの遺訓》、《オクタヴィア》や《ビブリオテーケー》、《シオン賢者の議定書》、《パンクタグリュエル物語》……。知識に自信がないけど、本の背から大雑把にそれだけが確認できた。
 傑作だ。いや、天才だ。痺れるような興奮の後に、ツグミは思った。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [865]  [864]  [863]  [862]  [861]  [860]  [859]  [858]  [857]  [856]  [855]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]