忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/08/18 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [956]  [955]  [954]  [953]  [952]  [951]  [950]  [949]  [948]  [947]  [946]  ■


■2015/10/24 (Sat)
※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

第4章 美術市場の闇

前回を読む

 事件からおよそ1週間が過ぎた、日曜日の朝。
 ツグミは一人で台所にいた。時刻は8時をちょっと過ぎた頃だ。
 台所は朝から暗い。窓のすぐ側に、向かいの家が接しているので、光はほとんど入ってこない。暗い雰囲気に、ぼんやりと窓の形だけが浮かぶ。だから、朝から照明は点けっぱなしだった。
 ツグミはもう外出着の格好だった。グレーのパーカーを上に来て、下はチェックのプリーツスカート。
 いつも制服を着ているせいなのか、普段着を選ぶのが苦手だった。これでも散々迷った末に選んだ服装だったが、後になって「やっぱりイマイチかも」と思い始めた。
 オシャレはやっぱり向いてないのかなぁ、とツグミは暗い部屋の雰囲気に釣られるように思った。後で、もっときちんとした格好に着替えよう。
 ツグミは二人分のコップに牛乳を注ぎ、食パンをオーブンに放り込む。フライパンに薄く油を引き、炒り卵を作る。これがツグミの作れる料理の限界だった。
「おはよぉー」
 しばらくして、コルリが台所に入ってきた。グレーのトレーナーに、同じ色のスウェットパンツ。寝起きの姿で、寝癖だらけだった。
 コルリはテーブルにつくと、メガネを外してそのまま突っ伏してしまった。ここで二度寝するつもりだ。
 だが、何かに気付いたみたいに、ぱっと顔を上げた。
「ツグミ、どっか行くん?」
 やっとツグミが外出着だと気付いたらしい。
 妻鳥家では外出の予定がないと、皆ジャージかトレーナーしか着ない。だから、今みたいなツグミの格好ですら、妻鳥家では外出着として認められていた。
「なに言ってんの。昨日、光太おじさんから電話があったやん。新しい絵ができたから、取りに来なさいって」
 フライパンの炒り卵ができあがって、火を消す。同じタイミングで、オーブンが「チン」と鳴った。
 コルリがテーブルに敷物を置いて、補助しようと立ち上がった。ツグミは「大丈夫だから」と慎重に手をついて、敷物の上にフライパンを置いた。
 コルリはツグミがフライパンを置くのを見届けて、立ち上がったついでにオーブンの中の食パンをそれぞれの皿に乗せて、テーブルに並べた。
「そうだっけ?」
 コルリは椅子に戻り、話の続きを進めた。
「そうやったやん。昨日、ご飯食べ終わった頃、電話きたやんか」
 ツグミは軽く非難するように言った。コルリは納得したように「あ~」と声を上げた。
「私がうたた寝してた頃やね。そういう電話やったんや」
 コルリは初めて気付いたみたいに頷いた。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [956]  [955]  [954]  [953]  [952]  [951]  [950]  [949]  [948]  [947]  [946]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]