忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/09/26 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [951]  [950]  [949]  [948]  [947]  [946]  [945]  [944]  [943]  [942]  [941]  ■


■2015/10/19 (Mon)
第5章 蛮族の軍団

前回を読む
 やがて夕食の時間になって、みんなが集まった。そこでオークは、派遣された3人のドルイド僧を兵士達に紹介した。すると思いもよらず若く美しい僧侶に、皆の視線と関心が集まった。一時は若きドルイドに兵達が殺到して大騒ぎになってしまった。
 そんな男達を黙らせるのは料理以外になく、皿が運ばれてくると、一同はそれぞれの席についてもくもくと食事を始めた。ソフィーはそれとなくオークの隣の席に着いて、食事を始める。

ソフィー
「みんな賑やかな人達ですね」
オーク
「信頼できる人達です。みんなよく働いてくれますから」
ソフィー
「事業は順調ですか?」
オーク
「滞りなく進んでいます。王から与えられた任務ですから」
ソフィー
「出世なさったのね。ネフィリムの心配はありませんか」
オーク
「一度襲撃に遭いました」

 ソフィーがやって来るまでの間に、1度、ネフィリムが出現した。しかしその数は少なく、そこにいる全員が戦いに慣れた軍人だったため、戦いは速やかに終わった。負傷兵もほんの僅かだった。

ソフィー
「近いうちにお祓いをして結界を貼ります。森から不浄を払えば、ネフィリムも現れなくなるでしょう」
オーク
「できるだけ早く仕事を進めます」
ソフィー
「あまり無理をなさならないでくださいね」
オーク
「平気です。みんなよく働きますから。あなたが来れば、みんなもっと頑張るようになるでしょう」
ソフィー
「それはどういう意味ですの? ――オーク様はこの先、ここをどうなさるおつもりですか」
オーク
「王は砦を望んでいます。しかしそれにはまず人が住めるようにしなければなりません。戦が終われば、ここには人が集まり、街になります」
ソフィー
「素敵な考えをお持ちなのね」

 ソフィーは少女のように目を輝かせながら微笑んだ。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [951]  [950]  [949]  [948]  [947]  [946]  [945]  [944]  [943]  [942]  [941]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]