忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/10/20 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [950]  [949]  [948]  [947]  [946]  [945]  [944]  [943]  [942]  [941]  [940]  ■


■2015/10/18 (Sun)
※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

第3章 贋作工房

前回を読む

21
 来た時と同じ格好で、大男がツグミとコルリを挟み、出口を目指した。
 振り返ると、ミレーを照らしていたスポットライトから、エレベーターまでさほど遠くなかった。わずかに十数歩。その程度の距離のやり取りだったのだ。
 ツグミとコルリは、その僅か十数歩の距離を歩いた。
 出口に近付いたその時、ツグミは何かに気付いた。左手の闇の奥。有象無象の一部に光が当たり、ぼんやりと形を浮かび上がらせていた。
 光に浮かび上がっているのは、1枚の絵だった。闇の中に、キャンバスに描かれている何人かが浮かび上っていた。暗くて色はわからなかった。
 ツグミはその絵があまりにも信じがたく、思わず立ち止まってしまった。
 ヨハネス・フェルメールの『合奏』だった。
 まさか、本物?
 ツグミは男から離れて、絵に近付こうとした。夢中で、今の立場を忘れてしまっていた。
 男が、ツグミの肩を乱暴に掴んだ。
「勝手なことをするな!」
 ぐいっと男がツグミを引き寄せる。
 あまりにも突然で、強い力だった。ツグミは体を支えられず、その場に倒れてしまった。
「何すんのや!」
 コルリが大声を張り上げて、ツグミに飛びついた。
 ツグミはコルリに支えられながら、ゆっくり立ち上がった。少し右の足首を捻ったが、歩けないほどではなかった。
 ツグミはちらと、闇の奥のフェルメールを振り返った。遠かったし、あの暗さでは真贋の判断は下せなかった。ただ、とにかくあれは、フェルメールの『合奏』で間違いなかった。あれが、もし本物ならば……。
 エレベーターは安っぽい「チン」の音とともに開いた。大男に挟まれて、ツグミとコルリは手を握り合って、エレベーターの中に入った。
 駐車場まで降りてきて、車に乗ると、再びアイマスクを差し出された。アイマスクを付けると、車がスタートした。
 車が動き出すと、ツグミはすーっと体から力が抜けて行く気がした。あまりにも強い緊張から解放されて、睡魔に囚われた。
 睡魔に逆らうが、緊張を維持できなかった。もどかしく頬に掌を当てたり、首をよじらしたりした。
 すると、コルリがツグミの体に手を回し、支えてくれた。コルリの体があまりにも温かくて、ツグミは睡魔に逆らうのをやめてしまった。
 どれくらい経ったのか、コルリがツグミの体を揺すった。アイマスクも外してくれた。アイマスクを外すと、すぐ側にコルリの顔があった。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [950]  [949]  [948]  [947]  [946]  [945]  [944]  [943]  [942]  [941]  [940]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]