忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/06/28 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [961]  [960]  [959]  [958]  [957]  [956]  [955]  [954]  [953]  [952]  [951]  ■


■2015/10/29 (Thu)
第5章 蛮族の軍団

前回を読む
12
 オークは騎馬を連れて真っ直ぐ南へ下ると、間もなく人目に付きにくい森の中へと入っていった。馬から下りて、足を潜めるようにして、森の中を進む。
 すると森の斜面を降りたところに、敵の軍団の列が見えた。敵の数は圧倒的に多く、一山の列が草原をひしめき、ずっと向こうまで途切れることなく続いている。蛮族の軍団は手に武器を持ち、物々しい様子だ。馬に乗っている者もいた。王国の騎士ほど万全な装備ではないが、それでも数だけは圧倒的だったし、敵が本格的に国崩しを目論んでいるのは明らかだった。
 だが、異民族ばかりで構成された軍隊は、決して統率力が高くないようである。馬に乗った者が、走り回ってうるさく指示を与えていた。
 オーク達は敵軍に気取られないように、茂みに混じってゆっくりと接近した。そうして、しばらく敵軍の動きを見守った。無言で剣を抜き、それを仲間達への合図とした。

オーク
「目的は戦闘ではない。全力で走り抜けろ。いいな」

 オークは仲間達に指示を出す。仲間達が頷いた。
 オークが馬に乗った。仲間達も馬に乗る。一斉に森を飛び出した。
 敵も気付いた。異民族の言葉で、ぎゃあぎゃあ騒ぎ始める。だが遅かった。
 オーク達の騎馬が、敵軍に突撃した。蛮族達は突然現れる馬に蹴り倒され、疾風のごとき刃に倒れた。
 オーク達の一団は、そのまま走り抜けた。蛮族の列が、そこで寸断されてしまった。蛮族達は統制が崩れて、散り散りになり、何人かがオーク達を追いかけた。

蛮族の指揮官
「追うな! 追うな!」

 だが蛮族達は誰も指示を聞かない。
 オーク達は勢いを留めず、馬を走らせた。次の丘を駆け下りて、背の高い草むらの中へと入っていく。そこで方向転換した。

オーク
「よし戦うぞ!」

 オークが馬を左右に分けさせた。そのままぐるっと周を描き、追いかけてきた蛮族達の両翼に回った。
 蛮族達に困惑が浮かんだ。オーク達はその隙に斬り込んだ。
 騎馬が交叉する。光が走った。草原に血が飛び散り、蛮族達が倒れた。
 しかし蛮族達はまだまだ数がいた。オーク達騎馬隊を追いかけ、反撃に転じようとする。オーク達は蛮族達を戦った。今度は敵にも味方にも不利有利もない。純粋にそれぞれの武力の戦いである。
 蛮族達は、次々にやってきて戦闘に加わった。戦いは次第に激しさを増していく。草原に血が飛び、死体がいくつも転がった。兵士らの刃が何度も交叉した。
 間もなく蛮族達の勢いも途切れた。オークは仲間の騎士達を振り返った。死者はなかったが、全員五体満足というわけにはいかなかった。誰もが血を流し、血を浴びていた。だが、気力は充分だった。

オーク「もう一度行くぞ!」

 オークは丘を駆け上っていった。
 蛮族達の行列は、オークが駆け抜けたところから寸断され、まだ元通りになっていなかった。だが戦意を挫いたわけではなく、今度はオーク達の襲撃に備えて武器を手に待ち構えていた。
 オークは構わず馬の腹を蹴った。騎士達もオークに続いた。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [961]  [960]  [959]  [958]  [957]  [956]  [955]  [954]  [953]  [952]  [951]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]