忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/06/28 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [963]  [962]  [961]  [960]  [959]  [958]  [957]  [956]  [955]  [954]  [953]  ■


■2015/10/31 (Sat)
第5章 蛮族の軍団

前回を読む
13
 目の前に数メートルの短い崖が落ちていて、その向こうに草原があった。だが景色は広がらず、暗い森が視界の広がりを遮っていた。そんな崖を前にした場所に、ゼインとルテニーが率いる兵士たちが集まっていた。

ルテニー
「本当にここでよかったのか」
ゼイン
「もしも森を避けて東に分かれたら、この道を通るはずじゃ」
ルテニー
「当てにしていいのかよ」
ゼイン
「土地勘に狂いはない。それに森の妖精たちがこの場所を教えてくれたんじゃ」
ルテニー
「はいはい」

 そんな話をしていると、森の影から蛮族の列が現れた。

ルテニー
「本当に来やがった!」
ゼイン
「頭を下げろ」

 ゼインが仲間に指示を出す。兵士達は草むらに身を潜ませた。
 蛮族の軍団がゆっくりと歩いてくる。ゼイン達は矢を手に、蛮族の列を見守った。その先端が間近に迫った時、

ゼイン
「今じゃ!」

 ゼインが草むらから頭を出して、矢を放った。仲間達も矢を放つ。
 矢の攻撃が、蛮族達を襲う。蛮族達は勢いを削がれて、慌てふためいた。矢の攻撃に、蛮族達が倒れる。
 だが間もなく蛮族達は勢いを取り戻した。大盾を持った者が前にでてきて、矢を防ぎ始めた。さらにゼイン達に向かって矢の攻撃が始まる。崖をよじ登ろうとする蛮族達も現れた。

ゼイン
「よし、ここまでじゃ! 逃げるぞ!」

 ゼインは背後の森へと飛び込んだ。そこに、馬が用意されていた。ゼイン達は馬に乗って森の中を駆けていく。
 後を、蛮族達が追いかけた。ゼイン達は後方に矢を放ちながら、森の奥へと走っていった。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [963]  [962]  [961]  [960]  [959]  [958]  [957]  [956]  [955]  [954]  [953]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]