忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/05/28 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1102]  [1101]  [1100]  [1099]  [1098]  [1097]  [1096]  [1095]  [1094]  [1093]  [1092]  ■


■2016/03/17 (Thu)
第6章 フェイク

前回を読む

20
 2時を過ぎる頃、画廊の電話が鳴った。画廊にいた全員が電話を振り返った。
「逆探知します」
 高田は自分の電話を中断して、別のところに掛け始めた。身代金要求の電話かもしれないからだ。
 ツグミは木野に助けられて席を立った。電話機の前まで進み、受話器に手を伸ばしたところで、一度高田を振り返る。高田は頷いて、受話器を取るように促した。
 ツグミは受話器を取った。
「妻鳥画廊です」
「おっ、わしや。岡田や。やっと今、準備が終わったで。すぐに出られるか」
 岡田の声だった。気楽そうなその声で、画廊に漂った緊張が、一瞬にして氷解する音が聞こえる気がした。
 しかしツグミだけは警戒を解かず、高田と木野の様子を確かめた。大丈夫。変なところはなかった。岡田も、こういうところで迂闊な情報を言う人ではない。
「絵の修復ですね。すぐに行きます」
 ツグミも何気ない様子を装おうとした。しかし緊張して言葉を噛みそうだった。
「それじゃ、元町2丁目まで来てくれるか」
「元町2丁目。……南京町ですか?」
 ツグミは頭の中で、地図を広げた。元町2丁目といえば南京町。神戸の中華街だ。あの辺りは人通りがあまりにも多いから、ツグミはあまり行かない。
「うん。南京町や。そこで待っとぉわ。そういえば嬢ちゃん、携帯、持っとった?」
 岡田が確認する調子で訊ねた。
「はい。いま持っています」
 岡田が何を聞き出そうとしているのか、それとなく察した。ツグミは本来、携帯電話を持っていない。岡田が訊ねたのは「警察の携帯電話を持っているのか」だ。
「そうか。わかった。じゃあ、南京町で待っとおで」
 岡田の電話は一方的に切れてしまった。
 いきなり切れたので、ツグミも調子が崩れる感じだった。もう一言二言あるのかなと思っていたから、受話器を耳に当てた状態でしばらく固まってしまった。
「電話番号、言いませんでしたね」
 木野が不思議そうにツグミに訊ねた。確かに電話番号のやりとりがありそうな流れだった。
「そうですね」
 ツグミも同意して、受話器を置いた。ツグミも岡田が携帯電話の番号を教えてくれるのかと思った。
「こっちでわかりましたから問題ありません。ツグミさん行きましょう。絵画を取り戻します」
 高田が携帯電話をしまった。いつの間にか、ニコラ・プッサンの模写の補修が任務の一つになっているみたいだった。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1102]  [1101]  [1100]  [1099]  [1098]  [1097]  [1096]  [1095]  [1094]  [1093]  [1092]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]