忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/03/24 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1103]  [1102]  [1101]  [1100]  [1099]  [1098]  [1097]  [1096]  [1095]  [1094]  [1093]  ■


■2016/03/18 (Fri)
第10章 クロースの軍団

前回を読む
11
 オークは兵士達を引き連れ、翌日の夜、セルタの砦に到着した。兵士達は長旅で疲れを見せていたが、休んでいる場合ではない。
 セルタの砦では兵士達が脅威を前にして、戦闘準備に取りかかっていた。オーク達が引き連れた部隊が、その仕事に加わった。

ギード
「オーク殿! よくぞおいでくださった。さあ、急いで!」
オーク
「敵は? 何か情報はありませんか」
ギード
「情報はまだありません。斥候が戻ってくるのを待ってください。ただ、見たことのない軍団であることしか……。おそらくロマリアの兵団ではないかと思われますが……」
アステリクス
「しかし奴らはこの土地をよく知り、人目につかない道を選んで向かってきています。手引きした者が誰なのか、知りたいところですな」
オーク
「その詮索は捕虜でも取った後にでも考えましょう。私が指揮を執ります。早く兵士に配置につくようにしてください」
ギード
「はっ」

 オークは馬を預けると、慌ただしい様子の中へと入っていった。砦に入り、階段を登って縁まで進み出ると、南の地平線を見詰めた。
 セルタの砦――元はケール・イズの長城であった場所だ。1年前の戦いの後、復旧が進められ、近代的な要塞として甦り、「セルタの砦」と名付けられていた。1年前は頼りなげだった石積みの障壁は、今や10メートルに及ぶ堅牢な防壁となって、南北の交通を完全に遮断している。駐在する兵士の数も増え、要塞としての防御力は完成したといってもいい。それだけに、王城とは違いセルタの砦では、向かってきた敵をいち早く察知でき、その対応のために活動を始めていた。
 その一方、ここを破られたら、後方は何の防衛準備のない王城だけである。しかも大門は復旧されておらず、防壁として機能していない。ここが踏ん張りどころだった。
 間もなく偵察が戻ってきた。2人1組で行かせたはずが、戻ってきたのは1人だった。

ギード
「どうだ? 情報は?」
兵士
「兵の数は6万! 数ばかりではなく、装備も上等のものが用意されています。もの凄い大軍勢です」
オーク
「首謀者は? 何かわかったことは?」
兵士
「わかりません。ただ……」
見張り
「来たぞ! 敵だ! 敵だ!」

 見張り塔の兵士が声を上げた。
 見ると、向こうの地平線が、朝日の光に青く浮かび上がり始めていた。そこに、騎馬が僅か数騎、旗を片手に異国の言葉で何かを叫んでいた。それに続くように、向こうの方からどっと騒音が鳴り響いた。はじめは激しい雨のような騒音だったが、やがてそれは地鳴りとなってセルタの砦に迫ってきて、地面をぐらぐらと揺らした。
 騎馬に引き連れられるように、歩兵が丘から姿を現した。はじめはぽつぽつとしていたが、やがて地平線の西から東を埋め尽くすほどの大軍勢となった。
 敵軍の数は凄まじかった。しかも、ただ異民族をかき集めた付け焼き刃の決起ではない。騎士も歩兵も、上等の白銀の鎖帷子で身を包んでいる。先頭に立つのは壮麗な鎧姿の騎士たちだった。長い槍が森林のごとく並び、無数の旗がはためいていた。軍団の中心で、彼らのシンボルと思われる巨大な十字架を載せた車が、ゆっくりと移動していた。
 軍団は長城を前にして止まった。

ギード
「先代はこれを危惧しておりました。だからこそ神器を集めさせようとしていたのです。ケルトを奮い立たせ、夷狄の侵入を防ぐために……」
アステリクス
「話し合いが通じる相手でしょうか」
オーク
「わかりません」

 砦はまだ戦闘準備が完全に終わっていなかった。兵士達が銃眼に並び、通用口を通って騎兵が長城の南側に整列する。
 朝の光が、状況を詳らかにさせている。明らかにセルタの砦は不利な状況だった。オークは階段を降りて馬に乗り、通用口を潜って騎士達の隊列に加わった。

オーク
「王への伝令を頼みます。首謀者も目的もわかれば、軍隊を集めやすいでしょう」

 指示を受けた兵士が、急いで城に向かった。
 オークは改めて敵の軍団を見た。途方もない数であった。あの軍団に挑むこと自体、無謀に思えた。圧倒的すぎる軍団を前に、兵士達の士気もみるみる萎えていくのを感じた。
 やがて敵軍の1人が、わずかな従者だけを連れて前に進み出た。神官のようだ。鎖帷子の上にローブを羽織っている。手には先端が大きな十字になっている杖が握られていた。
 オークもアステリクスだけ連れて、前で出た。

オーク
「ヴォーティガン王の股肱の臣、オークと申す。名は?」
ジオーレ
「ジオーレだ。神の教えを北の蛮族どもに伝えるために遣わされた者だ。なぜ王がこの場にいない?」
オーク
「王はいま不在です。要件なら、私が受けましょう」
ジオーレ
「ならば交渉はなしだ。無礼な王の国は、神の雷に滅ぶがよい」

 ジオーレは背を向けてしまった。

オーク
「話し合いを! あなたの戦う理由はなんですか」

 するとジオーレが足を止めた。

ジオーレ
「――理由? 決まっておるだろう。無知な蛮族の考えを改め、クロースの教えを広めるためだ。それでも考えを改めない愚か者は、鞭で叩いてわからせるまでだ」
オーク
「我らはひとつの民に過ぎない。あなた達もひとつの宗教に過ぎない。こんな戦いにどんな意味があるのか」
ジオーレ
「無知な蛮族がさかしらに言葉を操りおるわ。わかっていないようならよく聞け。愚か者どもよ。クロースの教えのみが正義であり、それ以外の全てが悪だ。だから我々の務めは、お前達のような悪を討たねばならぬのだ」

 それからジオーレは、自分の軍団に向かって宣言するように言った。

ジオーレ
「世界はクロースのものだ! 服従しない悪は、我らが偉大なる神の前に滅ぶのだ!」

 ジオーレの宣言に、クロースの大軍勢が声を合わせた。「神の祝福を! 神の奇跡を!」6万人に及ぶ兵士達の声が、砦全体を包むばかりか、周囲の森までも揺るがした。
 話し合いは言うまでもなく決裂だった。オークは仲間達の許に戻った。

アステリクス
「――オーク様」
オーク
「狂っています。会話になりません」

 感想はそれだけだった。それで充分だった。
 戦いがはじまった。クロース軍の僧侶達が列の前に並び、呪文を唱えた。僧侶達が持っている杖の先端から光が放たれる。戦場が一瞬、真っ白に照らされた。
 それを合図に、クロース軍が一斉に火の矢を放った。数千人が一度に放つ矢の数は凄まじく、空は一瞬、イナゴの大群が押し寄せたように黒く覆われ、次の瞬間には滝がなだれうったように降り注いだ。火の矢は雹のごとく降り注いで、矢除けの屋根を貫き、石壁を削り、鎧すら貫通し、砦に火を放った。
 セルタの砦はもちろん矢に対する備えをしていた。石壁に矢を避けつつ、火矢が放った火の消火に当たった。
 クロース軍は、次に戦車の行列を長城に向けて突進させた。
 オーク達も歩兵を率いて突進した。しかし完全武装の戦車の威力は圧倒的で、抵抗する間もなく兵士達は轢き潰され、敵の刃の前に倒れた。
 オークたちは果敢に立ち向かい、馬車に取り付き、その進路を乱すと操縦者を突き落とした。
 次にクロース軍の騎士団が迫った。その数はわずか200騎と決して多くはないものの、完璧な武装と統制は力を持ち、圧倒的な速度でガラティアの歩兵を蹴散らしていった。
 あからさまに劣勢だった。オーク達は敵の攻撃を防いでいたが、敵の本陣へは一歩も近付けずにいた。しかもそこにクロース軍の歩兵が動き始める。長槍を前に向かってくる一団は、まるで森が動いたようにすら見えた。

オーク
「撤退だ! 壁の後ろに下がれ! 撤退だ!」

 大軍勢を前に、すごすごと逃げるようだった。兵士達は壁の後ろへと撤退する。弓兵が援護をする。すでに兵士達に士気はなく、恐れるばかりだった。

オーク
「戦え! 恐れるな! カエサルを退けたケルトの勇気を見せよ!」

 しかしオークの檄も、兵士達には通じなかった。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1103]  [1102]  [1101]  [1100]  [1099]  [1098]  [1097]  [1096]  [1095]  [1094]  [1093]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]