忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/10/20 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [307]  [306]  [305]  [304]  [303]  [301]  [299]  [298]  [297]  [296]  [295]  ■


■2009/09/25 (Fri)
この小説は、『さよなら絶望先生』を題材にした2次創作小説です。2次創作に関する法的問題については、こちらをご覧下さい。【著作物】【二次創作物】【パロディ】【パロディ裁判

P065 第6章 異端の少女


私はあの用務員室に入る直前の場面から、現在に至るまでの話をした。私の話を中心に、みんなが周辺を補足したり、訂正したりした。
糸色先生は余計な言葉を挟まず、ときどき詰まってしまう私を促しながら、話を確実に引き出していくみたいな感じだった。話は長かったし、本当に必要なのかと思う場面もあった。でも糸色先生は忍耐強く、どのエピソードも重要だという顔で聞いていてくれた。
話が終わる頃には、時計は深夜の2時を差していた。診療所の外でさざめいていた虫の声すらもう聞こえない。夜が本当に深い時間だった。
「だいたいわかりました。ご苦労様です」
糸色先生は私の話が終わると、一度だけ頷いた。でもその顔は、まだ考え中みたいに緊張していた。
「それで、思いついたことを教えてくれないんだな。どうでもいいところで探偵気取りになるな、お前は」
命先生が腕組をして、糸色先生を軽くからかった。
「いえ、まだ何もかも仮定の状態ですから。考えのまとまらない状態で喋っても、伝わらなかったり誤解を招いたりするだけです。それと兄さん、一つ頼みがあります。明日、東大付属に出向いてみたいのですが」
糸色先生は立ち上がると、命先生を振り向いて頼みごとをした。
「ああ、いいとも。知り合いの知り合いになるが、夜が明けたらすぐに電話しよう」
命先生は了解して頷いた。
「それでは皆さん、帰りましょうか。もう遅いので、私の家でお泊りです」
それから糸色先生は、私たちに向かって微笑みかけてくれた。ようやく私たちは、診察室に取り付いた緊張から解放される思いだった。
私たちはあびるを連れて診療所を後にした。外は暗く沈黙していた。夜を包む闇がいつもより重く、闇は夏とは思えないくらい冷たかった。街灯の光がぽつぽつと浮かんでいたけど、そこに置かれている距離が測れなかった。
私たちは徒歩で糸色先生の借家を目指した。体格のいいスーツ姿の護衛も一緒だった。それでも誰もが不安な顔を浮かべ、私たちは常にお互いの姿を確認したり、周囲の闇を警戒したりしていた。みんなしっかり手を繋ぎあって、誰も喋ったりする人もいなかった。
ようやく糸色先生の家が見えてきたときは、なんだか救われたという気持ちにすらなった。
「ただいま」
糸色先生が鍵を開けて玄関のガラス戸を引き開けた。
雨戸が締め切られた暗い廊下に、一筋の光が落ちていた。居間に誰かいる気配があった。
襖が開いて、誰かが廊下に顔を出した。
「あ、先生。遅いじゃない。遅くなるんだったら、ちゃんと連絡してくれなくちゃ駄目でしょ」
霧だった。霧はタオルケットを肩にかけた格好で、ゆるやかにぷんすかと怒っていた。
「すみませんね。色々と立て込んでいたもので。人数分のお布団を用意してくれますか」
糸色先生は上り口に腰を下ろし、霧の存在がさも当り前のような調子で言葉を返した。
「なんで? なんで霧ちゃんがここにいるの?」
私は状況がつかめず、ぽかんとしてしまった。
「なぜって、引きこもりですから、家にいるのは当然じゃないですか」
糸色先生は上り口に腰を下ろし、手拭いで足を洗っていた。そうしながら私を見上げて、当然みたいな感じに答えた。
「何よ、私がいちゃいけないの?」
霧は居間に戻ろうとしたところで、私をちらと睨み付けた。私は訂正しようと、慌てて両手を振った。
「いや、いいけど。でも、霧ちゃんって不下校の人じゃなかったの?」
私は困惑するように周りのみんなに意見を求めた。
「何を言ってるの。引きこもりだけど、誰も学校限定だなんて言ってないわよ。一度、自宅に帰ってたじゃない。」
千里は呆れたふうに私に目を向けて、靴を脱いで廊下に上がった。
「しっかりしてよね、奈美ちゃん」
あびるがクールな声をかけて廊下に上がった。
「日塔さん、おかしなことを言わないで。私たちがおかしいみたいじゃないの」
まといが冷ややかな目と言葉を私に浴びせかけて、廊下に上がった。
私は一人だけで玄関に取り残されてしまった。
「え? 私がおかしいの?」
私の考えって、普通……だよね?

次回 P066 第6章 異端の少女7 を読む

小説『さよなら絶望先生~赤い瞳の少女~』目次




拍手[1回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [307]  [306]  [305]  [304]  [303]  [301]  [299]  [298]  [297]  [296]  [295]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]