忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/03/24 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [210]  [209]  [207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199]  ■


■2009/08/24 (Mon)
この小説は、『さよなら絶望先生』を題材にした2次創作小説です。2次創作に関する法的問題については、こちらをご覧下さい。【著作物】【二次創作物】【パロディ】【パロディ裁判

P034 第4章 見合う前に跳べ

10

隠し部屋は、すぐ下に折れて、梯子で繋がっていた。可符香が梯子を降りていった。私はちょっと恐かったけど、掛け軸をめくって梯子を降りていった。
下まで降りると、天井の低い入口が目の前にあって、そこをくぐった先が部屋になっていた。
部屋は広く、そのかわりみたいに天井が低かった。私でもジャンプすれば手がつきそうだった。四方がコンクリートに囲まれて、正面の壁に大きなディスプレイが掛けられていた。その手前の椅子に、時田がゆったりと足を組んで座り、コーヒーを啜っていた。
「うわぁ、デスノートみたい」
私は巨大ディスプレイを見上げながら、時田の側に進んで行った。
「やや、いつの間に!」
時田はコーヒーを飲み込んで、私たちを振り返った。
「時田さん、もしかして、ずっとここにいたんですか?」
「まあ、そうですな」
時田は動揺するように、カイザー髭についたコーヒーを拭った。
ディスプレイは近付いてみると、映画観のスクリーンみたいに左右が視界に入らなくなる。200インチはありそうだ。
画面には巨大な糸色家の俯瞰地図が描かれていた。黒のバックに、建物と庭園の形が緑の線で描かれている。こうして見ると、糸色家はあまりにも広大で、RPGのマップを見ているような感覚だった。その黒と緑で構成された地図の中に、赤く光る点がちらちらと移動していた。
「これって、どういう仕組みなんですか?」
私は地図の全体を見上げながら質問した。
「実はこの屋敷には、土の下にセンサーが埋め込まれているんですよ。その上を通過すると、地図上に反応して赤く示される仕組みになっているんです」
時田は、落ち着きを取り戻すみたいに椅子に座りなおし、ディスプレイを振り返った。
「でも、それじゃ何でも感知しちゃうんじゃないですか? 屋敷には物がたくさんあるでしょうし、庭園に動物もいるみたいですし……」
私は視線を時田の肩辺りに移した。
「センサーが感知するのは、熱を持って移動しているものだけですよ。それにある程度の体重がなければなりません。その条件を満たせば、あとはコンピューターが追尾してくれます。キツネやタヌキ程度なら反応しませんし、屋敷に忍び込んだ盗賊が隠れていても、見つけ出すことができます」
時田は誇らしげな調子で説明してくれた。
私はなるほど、と感心の溜め息をついてディスプレイを見上げた。確かにこのシステムがあれば、現在のような警備が手薄な状況でも、安全を確保できそうだ。
緑の線で引かれた屋敷の中を、いくつもの赤い点が移動している。屋敷の外縁で移動しているのは、多分警備の人たちだろう。庭園のほうで激しく動いている点は、多分、千里とまといだ。客間で停止している二つの点は、眠っている芽留とマリアだ。庭園をゆったりと探るように動いているのはあびるだろう。客間に近い部屋で停止している点は、カエレだ。屋敷の中を、慎重に進んだり停止している点があった。多分、あれが隠れている糸色先生だろう。
私はそんなふうに、点の一つ一つに人物を当てはめていった。しかし、ふと奇妙な違和感に気付いた。
「あれ? なんだろう。……9人。1人、多い?」
私は呟いて、点の一つ一つを改めて数えようとした。でも、勘違いだったのだろうか。点の数はやはり8人だった。
「それはそうだよ。だって、屋敷にいるのは、私たちだけじゃないんだよ」
可符香は朗らかに微笑んで私の間違いを指摘した。
「ああ、そっか。ごめん、やっぱ勘違いだ」
私はごまかすように笑った。
「うむ。そうですぞ。屋敷には今、見合いの儀を終了させるために、多くの刺客を潜り込ませておるのです。
 不良(ガンを飛ばす)
 サッカー選手(アイコンタクト)
 子供(ジーッと見る)
 杉様(流し目)
 田代氏(覗き)
この日のために、“見合い系サイト”で収集した見るプロたちでございます。望ぼっちゃまには、今年こそは結婚していただきます!」
時田の堂々たる宣言が、秘密の空間内に轟いた。
「あの、それって、ただの嫌がらせですよね」
私は笑顔を引き攣らせて、時田の背中を振り向いた。というか、田代って見る場所が違うんじゃないの?
「わかります?」
時田がこちらに横顔を見せて、にやっと微笑んだ。

次回 P035 第4章 見合う前に跳べ11 を読む

小説『さよなら絶望先生~赤い瞳の少女~』目次




拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [210]  [209]  [207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]