忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/03/24 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196]  ■


■2009/08/23 (Sun)
この小説は、『さよなら絶望先生』を題材にした2次創作小説です。2次創作に関する法的問題については、こちらをご覧下さい。【著作物】【二次創作物】【パロディ】【パロディ裁判

P033 第4章 見合う前に跳べ


食事が終って、すぐに千里が立ち上がった。
「私、そろそろ行くわ。時間が惜しいもの。」
「そうね。私も行かせてもらうわ」
千里に続くように、まといが指先をなめながら立ち上がった。
「ちょっと従いてこないでよ!」
「私の前を歩かないで」
千里とまといは、喧嘩をしながら客間を出て行く。
「それじゃ、私もそろそろこれで。使用人を引き払っておりますから、色々と仕事があるんですよ」
時田は執事の丁寧さで私たちに断り、立ち上がった。
次に立ち上がったのはあびるだった。
「私はお庭に行くわ。日も出てきたし、ここって珍しい動物がたくさんいるみたいだから」
あびるは少し声を弾ませていた。今さらだけど、あびるって動物好きなのかも、と私は気付いた。
あびるは靴脱ぎ石の上で草履を履くと、そのまま庭園のほうへ向かっていった。
「私はもう一眠りしたら、また遊戯室に行くわ。あ~あ、あと17時間か……」
カエレが退屈そうに欠伸をして立ち上がった。カエレは胸元を大きく開けてはだけさせていた。帰国子女には、和服姿は締め付けは厳しいらしい。カエレみたいなスタイルのいい女の子が着崩していると、和服もセクシーに思えた。
マリアは満腹のせいか、うつらうつらとさせていた。
「マリアちゃん、寝たほうがいいよ。隣の部屋に、お布団の用意もあるみたいだから」
私は眠たげなマリアの手を掴んで、廊下を挟んだ向かい側の部屋に入った。やはり20畳近くある広い部屋に、布団が畳んで積まれていた。
私は布団を敷くと、マリアを寝かせて、体にタオルケットをかぶせた。マリアは体を横にすると、すぐに寝息を立て始めた。
眠っているマリアは、子供のようにあどけなかった。やはり同じ年頃の女の子には思えない。マリアの実年齢は……いやいや、知るべきじゃないのかもしれない。糸色先生が「知らぬが華」と言うのを思い出していた。
私は客間に戻った。客間に残っていたのは、可符香と、まだ眠っている芽留だけだった。
「奈美ちゃんはどうするの? また行くの?」
可符香は一人で朝食の後始末をしていた。空になった大皿と汁碗を重ねて、カートに載せている。
「ううん。もういい。道に迷って大変だったんだから。私も、ゲームでもしとこうかな」
私は苦笑いを浮かべて、可符香の仕事を手伝った。眠っている芽留のために、おにぎりをいくつか残してそばに置いておいた。
「ふ~ん、そう」
可符香は後片付けが済むと、手拭いで手を拭いた。そのまま、廊下のほうへ進む。
「どこに行くの?」
「内緒」
可符香は私にちらと横顔を見せて、口元に指を当てた。
私はなんだろう、と好奇心を感じて可符香に従いて行った。可符香は客間を出て、廊下を進んで行った。可符香は、知った場所を歩くように、迷わずその先を進んでいく。
やがて中庭に出ると、可符香はさっと廊下の角に身を潜めた。私も可符香に倣って隠れた。
それから、そろっと中庭を覗いてみる。すると、時田が中庭を歩いているのが見えた。
時田が中庭を去ると、私たちも廊下に出た。渡り廊下をくぐって向こう側の部屋を突っ切っていった。
また時田の姿が現れた。時田は廊下に上がっていて、時々周囲を警戒するように見回している。
どうやら、可符香は時田を追跡しているようだった。時田は部屋を突っ切り、廊下を進み、時々中庭を横切り、追跡者を警戒するような複雑な道を選んで進んでいた。
「どこに行くんだろう?」
私は可符香に囁くように問いかけた。
「見てればわかるよ」
可符香は声を潜めて、それでも子供のように声を弾ませていた。
時田が廊下の陰に消えた。私たちは時田が曲がった廊下へ入っていった。しかし、時田の姿はもうなかった。
可符香は、迷いなく障子を開けて側の部屋に入っていった。部屋は10畳くらいの、この屋敷にしては比較的小さな部屋だった。床の間、押入れと標準的な和室で、向こう側が障子になっていた。障子は締め切られていて、畳に幾何学的な形の影を落としていた。
でもその部屋のなかに、時田の姿はなかった。
「見失っちゃったね」
私は部屋のなかをきょろきょろとしながら、可符香に声をかけた。
「こっちだよ、奈美ちゃん」
可符香は真直ぐ床の間に向かい、そこに飾られている幅の広い掛け軸をめくり上げた。するとその裏に、隠し部屋の入口があった。

次回 P034 第4章 見合う前に跳べ10 を読む

小説『さよなら絶望先生~赤い瞳の少女~』目次




拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]