忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/06/22 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196]  [194]  ■


■2009/08/23 (Sun)
2027年のロンドン。
原因不明の不妊症が広がり、世界から子供の姿が消えた。
世界で最も若い少年で知られるディエゴ・リカルドだったが、その日の朝、死亡したとニュースが告げていた。
ディエゴ・リカルドのファンの者が、路上で刺し殺したのだ。
18年の短い生涯だった。
7dff5ad1.jpga740e1db.jpg思い出写真、ペット、鑑賞する者のない芸術。セオは麻薬を吸ってジョークを飛ばしあう。希望のない未来では、自分を慰め、子供がいないから昔を語り合う。映画は人類の黄昏を描くようである。
希望を失った未来社会の物語だ。
社会は後退し、世界の先進都市は崩壊し、政治機能は停止した。世界でロンドンだけが鎖国を敷くことで、かろうじて秩序を保たれていた。
だが現実には、ロンドンは不法入国者で溢れ、治安は悪く、反政府組織があちこちで危険な地下活動を行っていた。
a8da6d27.jpg絶望に流されるままだったセオは、妊娠しているキーを見て衝撃を受ける。希望というのは、いつも知らないどこかではぐくまれているものだ。だが、社会の中心は希望に気付かず、政治的攻防を繰り返し続ける。


ある朝、セオは路上を歩いていた。
9fef43ff.jpg崩れた壁の向うに、檻に入れられた人たちの群れが見えた。不法入国者たちだ。これから、イギリスの外に送り返されるのだ。
不法入国者たちがあげる声で、雑踏は喧騒で満ちていた。
一方の壁のこちら側は、ディエゴ・リカルドの死で嘆く人たちで沈黙していた。
道の端に写真が飾られ、写真の周囲に献花が一杯に集まっていた。献花を捧げる人たちが、膝をついて、泣き声を押し殺そうとしている。
セオは、そんな人たちの側を、無感情に通り抜けようとした。
そうして道路に出ようとすると、突然に背後から襲われた。セオは手を縛られ、目隠しされて車の中に押し込まれた。
連れて行かれた先にいたのは、かつてのセオの恋人、ジュリアンだった。
「ひどいな……」
セオは茫然と、20年ぶりに見たジュリアンの顔を見詰めた。
ジュリアンは今は“フィッシュ”と呼ばれる反政府活動に身を置き、指名手配されていた。
「芝居じみてた? 警察の目が厳しくて、他に方法がなかったの。元気だった」
一方のジュリアンは楽しげに微笑んでいた。
だがジュリアンは、かつての恋人に会いに来たのではなかった。
ある女性のために、通行証を手配して欲しい、という。
その女性は、キーという名前で、8ヶ月目になる子供を胎に宿していた。
出産すれば、世界が18年ぶりに目撃する子供である。
d82eb4b5.jpg最初に『トゥモロー・ワールド』を観たとき、この車の長回しが疑問だった。どうやって撮影されたのか?答えは天井を抜いてコントロール式カメラを設置し、カメラが俳優から外れた瞬間をデジタルで繋いでいたわけである。答えを聞かされると、なるほど、と思う。デジタルはいかにも大袈裟な場面のみに使うのではなく、こんな使い方もあるのだ。

映画『トゥモロー・ワールド』が描く未来社会の風景は、どんよりと重く、絶望的空気が濃く満ちている。
セオの毎日は、仕事にも行かず友人の家へ行き、麻薬を吸って夜を過ごしている。
セオに限らず、『トゥモロー・ワールド』の社会は誰もが絶望的な気分のなかを過ごしている。
政府すら状況を変える力はなく、イギリスの住民に坑欝剤と自殺薬を配給として配っていた。
子供の姿が消えて、未来から可能性と希望が失われた近未来社会。
だからといって人間が平和的に結びつくこともなく、むしろ政治的渾沌を深め、社会はどこまでも荒廃して秩序は後退している。
反政府組織フィッシュは、妊娠しているキーに希望を望んでいるのではなく、それを利用して、政治的な転覆だけを画策している。
97bbff90.jpg荒廃したSF描写はリドリー・スコットが描いたものから脱却している。イギリスの風景に、被災地の荒廃を加え、そのうえにテクノロジー追加している。このちぐはぐな感じが、映画独特の異世界的空気を作り上げている。


『トゥモロー・ワールド』が描くSF的風景は、どのSF映画より重く、暗い。
多くのSF映画は世紀末的“雰囲気”を描いてきたが、『トゥモロー・ワールド』はもっと“確定的”な絶望を描いている。
実写、アニメを問わず、SFを描く作法は、実景をどこかに残しながら手を加えていくことであった。
『ト39c5fc87.jpgゥモロー・ワールド』の描き方は、SFの作法を丁寧に踏襲している。
実際のロンドンの風景を汚し、テクノロジーを追加しつつも、時代錯誤としか言いようのないファッションや、古びた車両を走らせている。
だが、それ以上に、“子供が誕生しない”という設定が、SF的な倦怠感を増幅させている。
そんなどこまでも深く、重い絶望を描きながらも、映画はささやかな希望を与えている。
世界から姿を消した、新たな誕生の予感。
絶望しかないと思える未来に、かすかな希望を与えて、映画は終わる。

映画記事一覧

作品データ
監督・脚本:アルフォンソ・キュアロン 原作:P・D・ジェイムズ
音楽:ジョン・タヴナー 脚本:ティモシー・J・セクストン
出演:クライヴ・オーウェン ジュリアン・ムーア
    マイケル・ケイン キウェテル・イジョフォー
    チャーリー・ハナム クレア=ホープ・アシティ
    パム・フェリス ダニー・ヒューストン
    ピーター・ミュラン ワーナ・ペリーア



拍手[1回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196]  [194]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]