忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/05/25 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [941]  [940]  [939]  [938]  [937]  [936]  [935]  [934]  [933]  [932]  [931]  ■


■2015/10/09 (Fri)
第5章 蛮族の軍団

前回を読む
 オークは王の書斎へと入っていった。王はごく僅かな臣下を従えるのみだった。王は老いと病気で衰弱が始まっていたが、それでもその姿に威風を漂わせていた。


「そなたがオークか」
オーク
「はい」

「もっと側へ。よく顔を見せろ」
オーク
「はい」

 オークは王の側へ進み、目線を下にしつつ、顔を上げた。


「そなたの名前は旅の僧侶から授かったと聞く。違いないか」
オーク
「はい。その通りです。かつての名前は邪な者に奪われました」

「その名はなんと?」
オーク
「……恐れながら、その名前はすでに失われています。申し上げたところで、何の意味もございません」

「構わん。言え」
オーク
「ミルディ。――ドル族のミルディです」

 口にしてみると、やはり違和感があった。もはや自分の名前ではなかった。


「それが生来の名か」
オーク
「はい」

「……そうか。我が国を混乱に陥れているゼーラ一族のことは知っておるな。南部に偵察を放ったところ、ゼーラ一族の軍団を見たという報告が入った。敵はケール・イズ街道を通って、この城を目指しておる。そこでお前に使命を与える。この城の南に、建設中の城壁がある。これを完成させ、この国の盾にせよ」
オーク
「御意」

 オークは深く頭を下げて、部屋を後にした。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [941]  [940]  [939]  [938]  [937]  [936]  [935]  [934]  [933]  [932]  [931]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]