忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/09/26 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [936]  [935]  [934]  [933]  [932]  [931]  [930]  [929]  [928]  [927]  [926]  ■


■2015/10/04 (Sun)
※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

第3章 贋作工房

前回を読む

14
 宮川の顔には動揺も驚きもなかった。ただ楽しげに、ゆるやかな微笑みが浮かんでいるだけだった。
 宮川は、「さあ、どうぞ」と手で示した。「贋物を始末しろ」だ。
 ツグミは贋物のデッサンの前に進んだ。やはり躊躇いを感じて、ナイフを握ったまま、逡巡した。
 すると、コルリがツグミのナイフを持った手を握った。
「私がやる」
 ツグミはコルリを振り返った。コルリは力強く、それでいて優しさを込めた目でツグミを見ていた。
 でも頼っちゃいけない。自分でやらなくちゃ、と思った。
 ツグミはコルリを振り向き、首を左右に振った。
「大丈夫。ルリお姉ちゃん。もう、怖くないから」
 ツグミは低く落ち着いた調子でそう言った。
 コルリは信頼を込めて頷き、ツグミを握っていた手を離して、さっと身を引いた。
 ツグミは深く息を吸って、止めた。ナイフを振り上げる。
 刃先が絵に触れる瞬間、やはり目をつむってしまった。血が出るような気がした。
 しかし、やはり紙は紙だ。麻布よりずっともろく、破れやすかった。紙は無惨に引き裂かれ、足元にはらりと落ちた。
 ツグミは一瞬のうちに大量に噴き出た汗を拭った。足元に目を向けると、引き裂かれたモデルが、こちらをじっと睨んでいるような気がした。
 また「絵を殺した」という気がした。肉の感触もないし、血も出ない。でも、画家の魂を殺しているんだ、と思った。人を殺した時も、こんな気分なのだろうか。
 コルリがツグミを慰めるように、何も言わず肩を抱くようにした。そうして、宮川を振り返った。
 宮川は手を上げて、指をパチンと鳴らした。ロダンの素描を照らしていた照明は消えて、少し進んだところに別の明かりがイーゼルを照らした。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [936]  [935]  [934]  [933]  [932]  [931]  [930]  [929]  [928]  [927]  [926]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]