忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/10/20 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [931]  [930]  [929]  [928]  [927]  [926]  [925]  [924]  [923]  [922]  [921]  ■


■2015/09/29 (Tue)
第4章 王の宝

前回を読む
 その後、オークは港の守備隊として働き続けた。毎日のように港のどこかで繰り広げられる抗争を鎮圧、外国から持ち込まれる禁制品の没収、違法な仕事や商品のやりとりの規制。事件は時と場所を選ばず。オークは休む間もなく駆りだされ、危険に放り込まれ、戦った。王の役人であるが、港の人達はその仕事を尊重しておらず、機会を狙っては反撃を目論んできた。街の中であるとはいえ、戦場と変わらないくらい危険な任務だった。
 そんな仕事も、やがて1週間目に入ろうとしていた。

 オークは守備隊本部の塔へと案内された。そこから、港全体の様子が俯瞰できる。
 夜が深く、辺りは暗く影を潜めている。静かな夜だった。法があってないような混沌としたこの街では、こんな静けさが不思議に思えるくらいだった。
 トリンは、ランタンをかざしながら、海を指差した。

トリン
「見えるか。あいつを監視しろ」

 トリンが差したはるか向こう、海の只中に、「点」が1つ置かれているのが見えた。

オーク
「あれは何ですか?」
トリン
「ブリテン島の軍艦さ。あの野郎、こっちの海域ぎりぎりのところにああやって軍艦を置いて、挑発していやがるのさ。ここ最近、あちらもやけに慌ただしく、警戒を強めていやがる」
オーク
「なぜですか」
トリン
「知らん。とにかく、これが王子からの密命だ。あれを厳重に警戒しろ……ってな」
オーク
「王子が……」
トリン
「何だかわからない命令だが、ちょっとした噂は聞いている。お宝があるって話だ。もうずっと前から、王はブリテン島に密偵を放ち、ある宝を探しているって話だ。それが、最近ついに見付かったそうだ」
オーク
「宝? それはどんな品ですか」
トリン
「さあ、そこまでは知らんよ。噂だからね。しかし王家の連中は長年そのお宝に執心だったようだ。港の警備にも力を入れているようだし、それにあんたも送り込んできた。きっともの凄いお宝に違いないぜ」
オーク
「…………」
トリン
「なあ、お宝が運ばれてきたら、いくらか貰ってしまわないか。なぁに、どうせ箱の中身が1つ2つなくなっていたところで、気付かれはしないよ」
オーク
「……それはなりません」
トリン
「そう言うと思ったぜ。つまらん奴だな」

 オークは無言で海の風景を眺めた。変化は何もない。静かに凪いだ海の上に、点はじっと留まっていた。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [931]  [930]  [929]  [928]  [927]  [926]  [925]  [924]  [923]  [922]  [921]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]