忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/12/11 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [934]  [933]  [932]  [931]  [930]  [929]  [928]  [927]  [926]  [925]  [924]  ■


■2015/10/02 (Fri)
※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

第3章 贋作工房

前回を読む

13
 デッサンの贋作は作りやすい。油絵ほど時間がかからないし、道具を揃えるのにもお金が掛からないからだ。絵具が店で販売される以前の絵画は、画家自身が岩石を砕き、油と混ぜ合わせて色を作っていた。油絵の精巧な贋作を作ろうとしたら、まず画家がどんな鉱物を使用し、どのような調合を試みたのかを特定しなければならない。
 しかしデッサンであれば、紙と鉛筆さえあれば、少々の努力で誰でも作れてしまう。高名な研究家であっても、画家が毎日、大量に描いていたデッサンや習作まで把握するのは不可能だ。画家本人に「これは、あなたが描いたデッサンですか?」と訊ねても、判然としない事例のほうが多い。
 デッサンは油絵ほど儲からないが、贋作師にとって手を出しやすい題材でもあった。
「もう降参かな? まだ始まったばかりだというのに」
 後ろからプレッシャーを掛けてくる。
 しかしツグミの気持は乱れなかった。じっと絵に集中していたし、今度は結論が出るまで、さして時間が掛からなかった。
「ルリお姉ちゃん、これは簡単やで。贋作は右の、横顔のほうや」
 ツグミは小さな声で、コルリに伝えた。平静を取り戻しつつあったとはいえ、コルリほど大きな声を出す度胸はなかった。
「理由を聞かせてもらうか?」
 宮川にとって普通かもしれないが、その声は暗く、容赦のない尋問に聞こえた。
 ツグミは宮川に体を向けつつ、ナイフの切っ先で絵を示した。
「ロダンはデッサンの時、常に25センチ、30センチの紙を使用していた。それに当てはまるのは、左のほう。右は、紙の選び方は正しいけど、正確に25センチ、30センチやない。多分、横の長さは26センチや」
 ツグミは紙の横幅を切っ先でなぞりながら説明した。
 25センチと26センチ。僅かな違いに思えるが、絵描きにとって大きな差だった。
 画家は修行を続けていくうちに、目の中に目盛でも入っているかのように、正確な長さの線が描けるようになる。
 ツグミは絵描きではなかったが、画廊で毎日絵画と向き合っているうちに、自然と身についた感覚だった。
「それに、贋作師はどこかに必ず、自分が描いた、という手掛かりをわざと残そうとする。この絵の場合はサインや。ロダンの素描は、ほとんどサインが描かれていないけど、描かれているものには『A Rodin』と、Rodinの下には必ずアンダーラインを引く。時々、省略して『AR』と描く例もある。でも、これはずっと少ない。二枚ともサインが入っているようだけど、右の横顔のデッサンには『Ar Rodin』だけで、アンダーラインもない。文字の癖も違う。このサインは、ロダンを示す名前じゃない。贋作師がわざと残した自分のサインや(※)」
 ツグミははっきりと断言して、宮川を振り返った。

※ このサイン云々の下りは物語中の空想。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [934]  [933]  [932]  [931]  [930]  [929]  [928]  [927]  [926]  [925]  [924]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]