忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/08/18 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [906]  [905]  [904]  [903]  [902]  [901]  [900]  [899]  [898]  [897]  [896]  ■


■2015/09/05 (Sat)
第3章 秘密の里

前回を読む
 森はまだ暗く沈んでいた。夜明けがまだ遠く、森を横切る小道はひっそりとした影の中に浮かぶ。そこを、馬車が1台進んでいた。荷台には家財具一式を載せている。しかし馬車を取り囲むのは1つの家族ではなく、男達だ。フードを深く被り、武器を見えないように持っている。その中にオークの姿もあった。
 オークはそっと闇の深い周囲の藪を見る。弓矢を持った男達が密かに従いてきている。
 馬車は、小道をゆっくりと進む。草むらに覆われた小道を、山刀で払いながら進んでいく。
 すると、その先に山賊達が待ち受けていた。

山賊
「待ちな! 村が大変なこの時に逃げるとは薄情な連中だ。荷を置いて行きな。争うなら命も奪っていくぞ!」

 オークが合図を出す。
 すると家財具の中から武装した男達が飛び出す。周囲の森から弓兵が次々と現れる。
 山賊達は狼狽した顔で、周囲を見る。村人達が山賊を取り囲んでいた。

山賊
「へっ! 戦の経験のない田舎者どもが。出し抜いたつもりか」

 ヒュン!
 山賊の足下に、矢が突き刺さる。

オーク
「戦の経験はありませんが、矢の達人揃いです。服従しなさい」
山賊
「……チッ」

 山賊達が武器を捨てる。
 オークは山賊達6人を縄で縛った。残りの1人を解放した。

村人
「いいんですかい?」
オーク
「これは宣戦布告です。備蓄が充分でない以上、短期決戦を狙います」

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [906]  [905]  [904]  [903]  [902]  [901]  [900]  [899]  [898]  [897]  [896]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]