忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/09/22 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [905]  [904]  [903]  [902]  [901]  [900]  [899]  [898]  [897]  [896]  [895]  ■


■2015/09/04 (Fri)
物語中に登場する美術品は、すべて空想上のものです。

第2章 贋作疑惑

前回を読む

15
 その部屋は小さく、壁に設置されたオレンジのピンスポットライトで、部屋の中央に置かれた絵画に光が当てられていた。部屋には余計な装飾はなく、暗がりの中に浮かぶ孤独な光と、イーゼルに掛けられた3枚の絵画だけだった。
 幸いにして、他に人はいなかった。貸し切り状態だ。ツグミはこれ以上ないくらい胸を期待に高鳴らせて、絵画の前に向った。
 1枚目の絵は、習作『羊飼い羊の群れ』を発展的に膨らませた作品だった(※)。左手に木立があり、その木立の根元で、羊飼いの娘が居眠りをしている。
 木立の背後から夕陽の光が注ぎ込み、草原に影が落ちていた。草原には羊の群れが放牧され、主人の代わりに1匹の犬が羊たちを厳しく監視していた。
 農民の静止した日常の瞬間。絵画はその空間とともに、あまりにも静かな瞬間を留めていた。
 しかし、ツグミはその絵の前に来て、期待に膨らんだ胸が急速にしぼんでいくのを感じた。残りの2枚の絵を見ても同じだった。
 勘違いだろうか。ツグミは自分の感覚を疑って、首を捻りつつ、もっとよく絵を見ようと近付いた。
 淡く塗り重ねられた絵具。年代を思わせるひび割れ。いかにももっともらしい。もっともらしいけど、その一方でわざとらしい。掴みどころのない気持ち悪い違和感に捉われるのを感じた。
「ツグミ、ちょっと……」
 突然にヒナが声を上げて、ツグミの腕を掴んだ。
 はっと振り向いた。ヒナが顔を強張らせ、青ざめていた。コルリも異常事態といった感じにツグミを見ていた。それで、ツグミが自分でどんな顔で絵を見ていたのか理解した。
「来なさい」
 ヒナがツグミの腕を掴んだまま、歩き出した。
「待って。待ってヒナお姉ちゃん」
 ヒナの足は早く、ツグミは足がもつれそうだった。右脚と杖を使って、何とかバランスを保つ。でもヒナは少しも待ってくれなかった。

※ ここに取り上げられている作品は、実際には存在しない。物語中の創作。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [905]  [904]  [903]  [902]  [901]  [900]  [899]  [898]  [897]  [896]  [895]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]