忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/08/18 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [904]  [903]  [902]  [901]  [900]  [899]  [898]  [897]  [896]  [895]  [894]  ■


■2015/09/03 (Thu)
第3章 秘密の里

前回を読む
 屋敷の広間。テーブルの上に、集落周辺の地図を広げる。テーブルの周りに、ステラとオーク、それから村の何人かが集まった。

オーク
「私が指示したのは、地図上のここからここまでです。戦になれば、全ての監視はできません。必要のない部分は切り捨てる必要があります。墓場は守る必要がありません」
ステラ
「お前は、どんな権限でそれを命じておるのだ」
オーク
「あなたに雇われている身です。しかし私の役目は村を守り、犠牲を可能な限り減らすことです。墓場は必要ありません。墓場を打ち捨ててください」
ステラ
「あそこには、この村の礎となった尊き先人たちが眠っている。お前はそれを山賊共に蹂躙されるのを、黙って見ていろと言うのか」
オーク
「やむを得ないでしょう。しかしだからといって、死者の魂が穢されたりはしません」
ステラ
「詭弁だな。闘将よ、ここでは戦だけが全てではない。この村には、守らなければならないものがある。墓場もその1つだ」
オーク
「ならばこの村の秘密を明かしていただきたい。山賊がこんな辺境の隠里を狙う理由はなんですか」
ステラ
「客人よ。軽々に秘密を探るべきではない。明かすべきではない秘密は多くある。余計な探りは入れるな。今のように生き続けたいと思うのならな」
オーク
「…………」
ステラ
「無礼は許そう。今後も戦いの指揮を続けてくれたまえ」

 ステラが一族の者達を連れて部屋を去って行く。1人取り残されるオーク……。


 オークが屋敷を出る。斜面を降りていき、仕事の様子を見ようとする。
 すると、どこからか視線を感じた。仕事を続ける村人の何人かが、オークを監視するように見ている。
 オークは再び墓場のほうへ進む。墓場全体を囲むように柵が作られている。オークは坂道を降りていき、墓場へと入っていく。すると、墓場の只中、小さく作られた木立の中に、何かがあるのに気付く。石造りの建造物だ。それが、木々に隠されるように立っている。

村人
「アンタ!」

 オークがはっと振り向く。村の男が山刀を手に立っていた。

村人
「すまないが、こっちに来てくれないか。仕事を見てもらいたいんだ」
オーク
「……ああ。行きます」

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [904]  [903]  [902]  [901]  [900]  [899]  [898]  [897]  [896]  [895]  [894]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]