忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/11/24 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1028]  [1027]  [1026]  [1025]  [1024]  [1023]  [1022]  [1021]  [1020]  [1019]  [1018]  ■


■2016/01/04 (Mon)
第7章 王国炎上

前回を読む
16
バン・シー
「ナヴァン、無事か!」

 バン・シーは思わず王を昔の名前で呼んで駆け寄った。


「バン・シーか。そなたが死神に見えたぞ」
バン・シー
「私は死神を欺いてきた人間だ。まだ死ぬな。――何をしている! 早く王を連れて行け!」

 恐怖でまごついている女官に怒鳴りつけた。
 とそこに気配がした。振り向くと悪魔がそこに立ちはだかっていた。
 悪魔は先の一撃で横顔を歪ませ、バン・シーを憎しみのこもった目で睨み付けた。
 バン・シーも憎しみを込めて悪魔を睨み付ける。
 悪魔は口の中に炎を溜めた。全身の毛を逆立てさせ、口元の炎が大きく燃え上がった。 バン・シーも両掌に、魔法の光を輝かせた。
 次の瞬間。炎と魔法が炸裂した。
 激しいぶつかりあいだった。爆音が周囲に衝撃を走らせる。火の粉が派手に噴き上がった。
 火の粉を割いて、光が走った。光の鞭が、悪魔の体を叩きつける。聖剣しか通じないはずの強靱な体が引き裂かれ、そこからどろりと血が垂れた。
 手負いの悪魔はさらなる怒りに震えながら、魔術師を睨み付けた。
 バン・シーも怒りでは負けていなかった。次なる一撃の備えて、呪文の詠唱を始めた。掌に雷の珠を浮かばせた。
 その時だ。

セシル
「悪魔め! こっちだ!」

 思いがけず声がした。振り向くと、城のバルコニーにセシルがいた。鎧すら身につけず、手には聖剣ゲー・ボルグがあった。魔を引きつけ、討つための聖剣だ。

バン・シー
「よせ! 無茶だ!」

 しかし何者もそれを留められなかった。
 悪魔はゲー・ボルグに引き寄せられるように、王子に標的を変えた。バン・シーは悪魔を引き留めようと光の珠を放った。が、とっさに放った攻撃は弱く、悪魔を引き留めるには至らなかった。



 街は炎に包まれ、魔の者に蹂躙されていた。全住民が戦いに無関係ではいられない混乱が広がっていた。
 そんな最中、ソフィーの呪文は続いていた。街中に光の輪が次々と現れ、誰もがソフィーの詠唱を耳にした。
 ソフィーの周囲にはいくつもの光の輪が浮かび、それはゆっくりと持ち上がってソフィーの頭上で折り重なって、複雑な図形を描き始めた。
 しかし、かの防衛線もついに突き崩されてしまった。ネフィリムたちはバリケードを越えて、一気になだれ込んできた。
 オークはそれでも踏みとどまって、通り過ぎようとするオークを斬りつけた。兵士達も戦い続けた。

オーク
「戦え! これ以上は一歩も退くな! ケルトの勇気と意地を見せろ!」

 オークの檄が飛んだ。兵士達は最後の戦いに挑んでいた。
 ネフィリムたちはソフィーを標的に定めた。オークはソフィーを守ろうと戦う。だが全ての刃を防げず、切っ先がソフィーの衣を引き裂いた。
 しかしソフィーは、自身が斬られていると気付いていないみたいに、呪文を一呼吸も留めず詠唱を続けた。




 悪魔はセシルに近付き、捕まえようと手を伸ばした。セシルはそれをかわし、悪魔の体に飛びついた。悪魔はセシルを振り落とそうと、体を大きく揺り動かした。セシルは悪魔の体毛にしっかりしがみつき、ゲー・ボルグを振り上げ、悪魔の頭に突き立てた。
 悪魔は痛みにのたうって、大階段を転げ落ちた。セシルは投げ出され、そのまま気を失った。
 悪魔はすぐに起き上がり、セシルを探した。
 セシルは悪魔の側で倒れ、気を失っていた。
 悪魔は拳を振り上げた。セシルは目を覚ました。だが体に力が入らず、ぼんやりと悪魔の巨大な拳を見上げていた。
 間一髪。兵士が飛びついて、セシルを救い出した。悪魔の一撃は、セシルの足下に落ちていたゲー・ボルグに命中した。聖剣の刃はその衝撃に砕け散ってしまった。

バン・シー
「セシル!」

 バン・シーは何かを投げ渡した。セシルは考えるより先に、それを受け取った。聖剣ダーンウィンだった。
 悪魔が振り返った。セシルも悪魔と対峙した。両者の目線が、炎の中で交叉した。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1028]  [1027]  [1026]  [1025]  [1024]  [1023]  [1022]  [1021]  [1020]  [1019]  [1018]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]