忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/03/24 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1172]  [1171]  [1170]  [1169]  [1168]  [1167]  [1166]  [1165]  [1164]  [1163]  [1162]  ■


■2016/05/25 (Wed)
第13章 王の末裔

前回を読む

 その翌日。城より南へ9リーグ。森林地帯を背景に、戦が始まっていた。
 オークとソフィー率いる軍団が、ダラス陣営と戦っていた。
 オーク達も奇襲をかけるつもりでいたが、ダラス陣営は襲撃者に対して準備を整えて待ち受けていた。ティーノ陣営を脱出した兵士が、前日に警告を送ったのだ。
 ダラス軍は、弓矢と騎馬の攻撃で、オーク軍を圧倒した。奇襲が失敗した今、オーク軍は劣勢どころか壊滅寸前だった。

オーク
「退け! 退くんだ! 退却!」

 敵の猛烈な攻撃が続いた。オークはやむなく撤退指示を出す。
 仲間達が戦いを諦めて逃げ始める。ダラス軍の騎士が追跡した。
 オークは仲間達を逃がすために、戦線に踏みとどまった。
 敵の騎兵が迫った。槍の攻撃がオークを狙う。オークは持っている剣で抵抗した。刃は弾いたが、勢いに負けた。オークは馬から転げ落ちる。
 敵がさらに迫った。司令官を倒そうと、オークに殺到する。まだ倒れたままのオークに、敵の刃が迫った。

ソフィー
「オーク様!」

 ソフィーが駆けつけようとしたが、遠すぎた。
 危機一髪。
 そこに、アステリクスが飛び込んだ。アステリクスは馬ごと敵に体当たりを喰らわせた。突然の攻撃に敵が落馬する。そこを、オークがとどめを刺した。

アステリクス
「急いでください」

 オークは頷いた。
 オークは馬に乗り込むと、周囲を見回した。仲間達の多くがすでに撤退した後だった。それを確かめると、オーク自身も森の中へ入った。
 森に入ると、走る仲間達と、それを追跡するダラス騎兵がいるのに気付いた。オークはダラス騎兵を背後から攻撃し、1人1人蹴散らしながら森の奥へと進む。
 しかし、行く手を恐るべきものが遮った。悪魔だ。クロースの神官たちに伴われて、悪魔がこちらを目指して進んでいた。
 背後からダラスの騎兵が次々にやってくる。前方には悪魔が立ち塞がっている。

ソフィー
「オーク様、戦ってください!」

 オークがまごついている横に、ソフィーがやって来る

オーク
「ソフィー?」
ソフィー
「戦う以外に、道はありません!」

 ソフィーが悪魔に立ち向かっていった。
 オークは了解して、剣を抜いた。悪魔へ挑戦する。
 クロースの神官達が光る杖の向きを変えた。悪魔が解き放たれる。向かう兵士達は、丸太のような太い腕をぶつけられ、薙ぎ払われた。
 オークは悪魔の最初の一撃をかわし、懐にとびこんだ。その脇腹に、刃の打撃を与える。
 悪魔は痛みに唸り声を上げた。だがそこに刃の傷はなかった。聖剣以外の攻撃は、無に等しい。
 だが悪魔は攻撃を受けて怒り狂った。オークを標的に定めて、追いすがる。
 ソフィーが横から飛び込んだ。杖の先に光を宿らせる。悪魔は目を眩ませて、その場に踏みとどまった。その間に、オークとソフィーは悪魔から離れた。
 周りを見ると、ダラス騎士団が完全にケルトの軍団を取り囲んでいた。あちこちで戦いが再開されていた。

ソフィー
「オーク様、あの杖を!」

 ソフィーが光る杖を持っている神官達を示した。
 オークは了解して、馬の腹を蹴った。近くにいた兵士達も、神官に狙いを定める。
 突然の襲撃に、神官達がまごついた。オークは神官たちが持っている杖を、剣で叩き折った。
 その様子を、悪魔が見ていた。自分を縛るものがなくなったのを察すると、悪魔の反逆が始まった。悪魔はクロースの神官たちに飛びつくと、次々と襲いかかった。
 まだ杖を持っていた神官が、悪魔に光を向ける。だがその光は、たった1つではいかにも弱かった。悪魔は光の前でたじろぐが、火の玉を飛ばし、神官を殺した。
 クロースの神官達が全滅し、悪魔が自由を得た。
 すると、オークに新たな策がひらめいた。

オーク
「進め! 私に続け! 敵陣に突っ込むぞ!」

 オークは号令を出しつつ、悪魔の目の前に飛び出した。
 思惑通り、悪魔はオークに狙いを定めた。オークは追いつかれないように馬を走らせた。
 悪魔を伴って走るオークに、ダラス騎士団は困惑した。悪魔はオークを追いかけながら、その途上で塞がる兵士を次々と掴み、殺した。
 優位に立っていたはずのダラス陣営は、突っ込んでくる悪魔に足並みを乱して、号令をかけるのも忘れて四散し始めた。
 形勢逆転。オーク達の軍団は勢いを取り戻してダラス陣営を切り崩し始めた。悪魔は修羅に飛び込んでいくと、敵味方構わず襲いかかった。悪魔の襲撃に、ダラス陣営はばらばらに分断され、一気に壊走寸前に陥った。

ダラス
「逃げろ! 逃げろ!」

 ダラス兵団が、蜘蛛の子を散らすように戦場から逃げ出していく。
 その中に、オークは聖剣ダーンウィンを持って逃げようとする騎士を見付けた。

オーク
「あれだ!」

 オークは馬の腹を蹴った。騎士を追跡する。
 騎士は熟練の乗り手だった。森の中を速度を緩めず疾走する。オークも手練れであった。距離は次第に縮まっていく。
 いよいよ追いつく――とその時、騎士はダーンウィンを放り投げた。
 ダーンウィンはオークの頭上を飛び越えて、別の騎士の手に渡った。
 オークは馬首を変えて、ダーンウィンを預かった騎士を追いかけた。
 が、さっきの騎士が剣を抜いてオークに斬りかかってくる。
 背後から炎の矢が飛びついた。炎が騎士の背中を貫く。振り向くと、ソフィーが馬に乗って駆けてくるところだった。
 オークは今度こそ方向を変えて、ダーンウィンを持った騎士に接近した。
 森が次第に深くなっていく。オークは木をかわしながら、騎士に近付く。
 だが騎士はオークが近付いたところでダーンウィンを投げた。
 歩兵がダーンウィンを受け取る。が、柄を握ってしまった。ダーンウィンは相応しからぬ持ち主を炎で焼き払った。
 持ち主を失ったダーウィンが、草むらに放り出される。
 オークも騎士も、慌てて馬を止めて方向転換した。
 そこに、別の騎士が現れた。騎士は素晴らしい馬術で鞍の上で体を捻り、草むらに落ちたダーンウィンを拾い上げた。
 オークは当然、この騎士を追いかけた。敵兵もオークを留めようと走る。ふと辺りを見回すと、オークは敵に取り囲まれていた。
 だがオークは怯まなかった。むしろ馬の速度を早める。ダーンウィンを持った騎士に、馬ごとぶつかった。
 2頭の馬がもつれ合いながら倒れる。巨体が吹っ飛び、地面に激突した。草むらが潰され、土砂が巻き上がる。乗り手も遠くまで吹っ飛ばされる。
 オークは一瞬気を失うが、すぐに目を覚ました。我が手を見ると、ダーンウィンがあった。ついにダーンウィンを取り戻したのだ。
 しかし辺りを巡らすと、味方の姿はなかった。敵の騎兵が迫ってくる。
 オークは、腰に手を伸ばした。だが、剣はなかった。

敵兵
「あいつは武器を持っていないぞ! ダーンウィンを奪い返せ!」

 敵の騎兵が一気に迫る。
 逃げ場はない。武器もない。あるのは手の中のダーンウィンだけ。
 オークはダーンウィンに目を落とした。なぜかオークは混乱や動揺を感じていなかった。他に選択肢がないという状況が、その行動へと導かせていた。
 オークはダーンウィンの柄を握った。

敵兵
「……馬鹿な」

 火は放たれなかった。ダーンウィンはオークを主と認めた。
 なぜかわからない。しかし考えている暇はなかった。オークはダーンウィンを抜刀した。
 騎兵が肉薄した。槍の穂先がオークを狙う。
 オークは槍を弾いた。さらに騎馬にダーンウィンの一撃を食らわせる。刃が火を放ち、騎士を焼き払った。
 敵に動揺が広がった。オークの仲間達が森の向こうから駆けつけてくる。敵兵はダーンウィンを諦めて、撤退した。

ソフィー
「オーク様! ご無事でしたか。――そ、その剣は……。ううん。今は乗ってください。急いで!」

 ソフィーはオークの手の中にある剣に驚きつつも、自身の馬に乗せて、森を去った。

 森を出ると、ダラスの陣営が悪魔と戦っていた。大きな勢力だったが、無敵の悪魔を相手にして壊滅寸前に陥っていた。もはや、誰もオーク達を気にかけなかった。
 オークはその様子を見届けて、仲間達を引き連れその場を去った。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1172]  [1171]  [1170]  [1169]  [1168]  [1167]  [1166]  [1165]  [1164]  [1163]  [1162]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]