忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/10/24 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1171]  [1170]  [1169]  [1168]  [1167]  [1166]  [1165]  [1164]  [1163]  [1162]  [1161]  ■


■2016/05/24 (Tue)
第6章 イコノロギア

前回を読む

14
 時計はもう深夜3時に近くなっている。しかしツグミは眠いとは思わなかった。むしろ時間が経つにつれて、気分が冴え渡るのを感じた。もっと川村について知りたかった。
「それで叔父さん。川村さんは、私のお父さんとどんなふうに出遭ったんですか」
 話がとりとめなくなりそうだったので、ヒナがうまい具合に軌道修正した。
「1999年だったな。春の終わり頃に、太一から電話があって。どうしても描いてほしい絵の仕事があるって。でもその時、俺は映画の仕事を抱えていて、暇がなかったんや。だから、代わりに川村を行かせたんや。『話を聞いたら、断ってすぐに戻って来い』って言ってな」
 光太にとっては、まだ笑顔で話せる思い出らしかった。ちなみにその仕事は、川村も関わったアニメ映画『完璧な青』の後の話だった。
「叔父さん、お父さんと仲が悪かったんですか?」
 ツグミは光太の言い草に、ふと気になるものを感じた。ツグミに指摘されて、光太は「しまった」という感じに顔を歪めた。
「うん、悪かった。あの頃、太一は物騒な連中を付き合って、犯罪まがいの何かをやっていると思っていたからな。あんなもん、美術家の生き方違うって。今にして思うと、美術の業界はバブルが弾けて以来、苦しんどったやろ。まともな商売で、食っていけるはずがなかったんや。あいつの場合、娘を3人も抱えていたから……」
 光太は言いながら、また「しまった」と顔を歪めた。
 ツグミとヒナが顔を見合わせた。ヒナの顔が悲しげだった。「自分のために、お父さんは……」という感じだった。
 ツグミも自分の父親の悪口なんて、聞きたくなかった。「娘のためだった」と注釈を加えられても、やはり嫌だった。
「その1年後ですよね。お父さんが誘拐されたの。川村さんとはどうなったんですか。会ったりしなかったんですか」
 ヒナは光太の失言についてはあえて指摘せず、話を進ませた。
 光太は一瞬、ホッとした顔になった。それから考えるふうにうつむいた。
「一度だけ、電話をくれたな。太一が誘拐された後や。俺は『何があったんだ』って聞いたんや。するとあいつは、『レンブラントの絵を、頼みます』って。それが、最後やったな。それきり行方不明や」
 光太は背を少し丸めるようにして、台詞の1つ1つを思い出すようにしながら、話した。
「『レンブラント』ですか? 『フェルメール』ではなくて?」
 ツグミは何か引っ掛かるような気がして、質問した。勘違いだろうか。
「うん、確かにあいつはレンブラントって言ったで。そんなん言われても、って感じやったけどな」
 しかし光太は、疑問点には気付かないようだった。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1171]  [1170]  [1169]  [1168]  [1167]  [1166]  [1165]  [1164]  [1163]  [1162]  [1161]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]