忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/05/24 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [120]  [119]  [117]  [116]  [115]  [113]  [112]  [111]  [110]  [108]  [107]  ■


■2009/07/07 (Tue)
第1話 海の心 空の心

e809525a.jpga746d084.jpg空を見上げると、鮮やかなブルーが光に揺れていた。小魚の群が、光を宿しながら横切るのが見えた。
ふとそこに、ふわりと落ちてくる影があった。マリンが見ると、影は一瞬だけ、きらae2e1f29.jpge551edf5.jpgりと光を宿して存在を主張した。
マリンは、すくいあげるように手を伸ばした。影は、ゆっくりとマリンの掌に落ちてくる。
「……きれい」
マリンはそれを見て、心捉われるように呟いた。
それは、魚の飾りのついた、銀色に輝く小さなリングだった。

c0971d0f.jpgマリンはリングを落とし主の元に届けるために、「空」と呼ばれる地上へ行こうと心に決める。
妹のウリンがマリンを止めようとするが、結局着いていくことになる。
マリンとウリンは、地上でも呼吸ができるというメルカトルリングを手に地上に這い上がる。
地上では、ちょうど祭の季節だった。賑やかな声が一杯に満ちていた。心躍る太鼓の音が響いている。往来は人で溢れかえり、山車を担いだ人が通り過ぎていった。
a8882890.jpgマリンとウリンは、珍しそうに祭の風景を眺めながら、リングの落とし主を探して歩いた。
そんな二人の前に、突然、宮守夏音が現れた。リングの落とし主である少女だ。
だがそのリングは、つい昨日別れた彼氏からもらったものだった。
夏音はそのリングを見て、逆上して山に投げ捨ててしまう。

07960ece.jpg71202a66.jpgマリンとウリンは、リングを探して山の中へと入っていく。
神社の奥へと入っていったウリンは、ようやくリングを見つける。リングは謎めいた棺の陰に落ちていた。
ウリンはリングを拾い上げようとするが、その途上で棺の封印を解いてしまう。
棺の中から、真っ黒な影が立ち昇る。影はやがて島全体を覆い、急な雨を降らせた。
島に何か不吉なものが漂い始めようとしている。マリンと夏音は、胸の底でその異変を感じ取っていた。
86a8bc77.jpg1479dc99.jpg原作はパチンコの『海物語』である。だが、アニメ版『うみものがたり』は、パチンコで作られたイメージを変更している。。趣味の悪いオジサン趣味的キャラクターから、少女漫画的な柔らかなものに書き換えられた。
『うみものがたり』は、やわらかで暖かな色調で描かれた作品だ。ブルーを基本とした色彩は鮮やかで、ぬくもりがある。
海底世界は美しく描かれ、光が満遍なく当たり、鮮やかなパステルカラーを浮かび上がらせている。
キャラクターはそんな背景世界にふさわしく、美しい線画で描かれている。色彩感覚が淡く、作品風景の穏やかさとうまく調和している。
地上の世界の風景は、実在するらしい町の風景が合成され、独特の異世界を作り出している。
afe0123e.jpgaf0fa267.jpg架空と実景が不思議と織り交ざる。キャラクターはどこの方言なのか不明な言葉をあやるつ。スタッフクレジットに「方言指導」というものがあるから、どこか特定の地方を題材にしていると思われるが……。
だが、そんな見た目の魅力とは別に、作品としての『うみものがたり』はどこか危うげだ。
言葉のやり取りはどれも唐突で、連続性が弱い。
背景に堅牢なる構造を感じさせず、記号的な世界を断片的に羅列させた印象が漂う。シーンの作りも唐突に提示され、言葉でなにもかも解説されてしまう場面が多い。
見る者を物語中の異世界へ没入させず、没入させる世界がそこになく、ただ解説的なテキストを読み上げられたような感覚すらある。
魅力的なのは、美しい線と色彩で描かれたキャラクターのみであって、その物語世界は今に決壊しそうな危うさがあちこちに孕んでいる。
e2e24919.jpgaea3603a.jpg滑らかな線画で描かれたキャラクター。マリン、ウリンの二人は、身体の美しさを魅力的に表現している。だが、その背景に厚みを感じない。表面的な物語を消化するだけの作品になりそうだが……。
準備不足のまま、見切り発車したアニメーション。あるいは、急ごしらえで設定不十分のまま制作を決行してしまった、という印象が漂う。
物語世界が充分に掘り下げられ、驚くような独創がそこにあるとは思えない。
海底の描写も、あの風景は昔からアニメーションの世界で繰り返し描かれてきた海底異世界の典型中の典型であって、そこをさらに踏み越えたビジョンが提示されそうな予感がない。
さらに深海のもっと奥の世界へ、そこに我々の認識を破壊してくれそうなものが出てくるような予感はない。
ドラマの展開においても、第1話で提示された島の風景から大きく飛躍し、発展してくれそうな雰囲気もない。
『うみものがたり』という作品がどこに着地していくのかわからない。
後の展開に、作り手の踏ん張りを見せてくれるのだろうか。

監督:佐藤順一
原案:海物語シリーズ ストーリー原案:築地俊彦 方言指導:儀武ゆう子
シリーズ構成:山田由香 シリーズディレクター:紅優
キャラクターデザイン・総作画監督:飯塚晴子 プロップデザイン:岩永悦宜
美術監督:小林七郎 撮影監督:大田和亨 色彩設計:川上善美 編集:平木大輔
音楽:松村健 選曲:佐藤恭野 制作プロデュース:ティー・オーエンタテインメント
アニメーション制作:ZEXCS
出演:阿澄佳奈 寿美菜子 堀江由衣 永井幸子
   間島淳司 福井裕佳梨 真山亜子 儀武ゆう子
   岡林史奏 杉崎亮



拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [120]  [119]  [117]  [116]  [115]  [113]  [112]  [111]  [110]  [108]  [107]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]