忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/08/18 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [188]  [187]  [186]  [185]  [183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [177]  ■


■2009/08/16 (Sun)
3195dd50.jpg未来都市ロサンゼルス。夜の闇を、煌びやかなイルミネーションが照らしている。
空は、ガスの混じった雲が覆い、時々雷鳴をとどろかせている。
吹き上げたガスの塊が、炎になって燃え上がっている。
都市の上空を、三輪のスピナーが飛び交う。
そんな様子を、レプリカントの冷淡な瞳が見詰めている。
カメラはゆっくり空中を進み、都市の中央にたたずむ、巨大なピラミッド状建築の中へと入っていく……。
9b554f74.jpg繰り返し見て、知っているはずの映像。だが、そこから感じる印象は別作品。初めて『ブレードランナー』に接した日に戻った感覚すらある。ぜひとも、ブルーレイで体験してもらいたい鮮明さだ。


『ブレードランナー ファイナルカット』は、SFの古典名作『ブレードランナー ディレクターズカット最終版』にさらに手が加えられた新しいバージョンだ。
『ブレードランナー ディレクターズカット最終版』が原型とされているので、基本的な物語構成やカットの運びに変更はない。
『ブレードランナー ファイナルカット』はかつての映像をデジタル技術で洗浄され、映画監督の感性に可能な限り接近させた作品だ。
新たに洗浄された『ブレードランナー』の映像は、驚くほど鮮明だし、そこから得られる印象は鮮烈だ。
かつてぼやけて見えていた映像は、克明にディティールを描き出し、明暗の差はくっきりと浮かび上がり、色彩も音響もより鮮やかになった。
これが、リドリー・スコットが二十数年前に構想し、当時の技術では決して描き出せなかった映像なのだ。
27e2d00e.jpg510ce28e.jpg基本的には『ディレクターズカット最終版』と同一の内容。追加は左の2カット。ユニコーンのシーンと、ホッケーマスクの奇妙なダンスシーン。

『ブレードランナー』は、リドリー・スコット監督の評価を決定付けた作品だ。
その映像は、カットの全体に霧がかかり、何もかもが曖昧な空間に光が煌き、暗闇が深いところから迫ってくる。
リドリー・スコットは、この作品において、“光と闇の魔術師”と呼ばれるようになったのだ。
だがあの映像は、本当の『ブレードランナー』ではなかった。
『ブレードランナー ファイナルカット』の映像には、どこにも霧がかかっていなかった。何もかもが克明に描き出され、何もかもが鮮明に浮かび上がる。
これが本当の『ブレードランナー』だったのだ。
我々は随分長い間、劣化した作品に満足し、曖昧だった映像を見てリドリー・スコットを知ったつもりになっていたのだ。
現代の技術はようやくリドリー・スコットの才能に追いつき、我々は本当の『ブレードランナー』を目撃する機会を得たのである。
6cb54090.jpg0fb850ae.jpg映像に改編があったのは、左の2カット。左はスタントの顔面に、俳優の顔を合成。右の鳩の飛翔は、背景が差し替えられている。他にもあるかもしれないが、確認できたのはここまで。
『ブレードランナー』は、もうとっくに過去の遺物と思われていた作品である。
かつて『ブレードランナー』を繰り返し鑑賞し、自身の体内に取り込んでいった映画作家は少なくない。
“SFのオリジナル”という称号は、その後に氾濫したSF映画の中で繰り返し真似され、いくつものパロディが作られていくなかで形骸化していった。
この作品が、現代の若い観客に、どんな感動を与えられるだろうか。
『ブレードランナー ファイナルカット』は当時の映像と物語を、そのままの形で現代の観客に提示している。
また新たな世代が、繰り返し見る作品になるように。

『ブレードランナー ディレクターズカット最終版』の記事へ

映画記事一覧

作品データ
監督:リドリー・スコット
原作:フィリップ・K・ディック 音楽:ヴァンゲリス
脚本:ハンプトン・ファンチャー デヴィッド・ウェッブ・ピープルズ
出演:ハリソン・フォード ルトガー・ハウアー
    ショーン・ヤング エドワード・ジェームズ・オルモス
    ダリル・ハンナ ブライオン・ジェームズ
    ジョアンナ・キャシディ M・エメット・ウォルシュ
    ウィリアム・サンダーソン ジョセフ・ターケル



拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [188]  [187]  [186]  [185]  [183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [177]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]