忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/10/22 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [881]  [880]  [879]  [878]  [877]  [876]  [875]  [874]  [873]  [872]  [871]  ■


■2015/08/11 (Tue)
第2章 贋作疑惑

前回を読む

「ねえねえ、それで? 屋敷のオヤジさんとエッチしたん?」
 コルリが頬を赤くして、秘密を聞き出すように声を潜めた。
 ツグミは「えー? えー?」と狼狽する声を上げて、ヒナとコルリを交互に見た。
 ヒナは微笑みを崩さず、首を振った。
「まさか。私は自分の体は大切にするよ。さんざん気をもたせといて、その夜は一人で寝てもらったわ」
「へえ……。それでええの? 仕事はうまくいったん?」
 コルリはなんとなく拍子抜けというように、それでいて言葉に懸念を混じらせた。
「うん。オヤジさん、簡単に落ちる女は嫌いなタイプやったみたいやね。翌朝、契約成立。絵画16枚の貸し出し契約を結び、空輸。5000万円の保険料も肩代わりしてくれたわ。その代わり、しばらくオヤジさんのところに通うことになってもうたけどな」
 ヒナはすっと緊張を解くように明るい声で締めくくった。ツグミはほっと溜め息をつきたい気分になった。
「凄いやん。男の心、わかっとおねんな」
 コルリは気分を高揚させたように声のトーンを高くした。
「まあね。……と言いたいけど、本当は危なかったな。ちょっとの読み違えで契約破棄っていう状態やったし、それに、オヤジさん口説きが意外にうまくてな。ついコロッと行きかけそうやったわ」
 ヒナはまるで過酷な戦いを潜り抜けたような、頼もしげな微笑を浮かべた。
 ツグミはそんなヒナの手を、そっと握った。
「あかんよ、ヒナお姉ちゃん……」
 ツグミは不安な気持ちになって声を沈め、首を振った。それきりヒナが遠くに行って、帰ってこないんじゃないか、という気持ちになってしまった。
 ヒナは優しくツグミの掌を握り返した。
「大丈夫。家族が一番大事やで。ツグミが成人するまで、私、結婚もせえへんから」
 静かに宥めるようだった。ツグミは「うん」と細く途切れそうな声で頷いた。ヒナの気持ちは嬉しいけど、「結婚しない」と宣言されると、それはそれで罪悪感だった。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [881]  [880]  [879]  [878]  [877]  [876]  [875]  [874]  [873]  [872]  [871]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]