忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/03/25 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [885]  [884]  [883]  [882]  [881]  [880]  [879]  [878]  [877]  [876]  [875]  ■


■2015/08/15 (Sat)
第2章 贋作疑惑

前回を読む

 ツグミは、ポスターを手に画廊の外に出た。
 空は雲が多く、陽射しを遮りかけていた。街並みは鈍い光に灰色を浮かべている。秋の鮮やかさはどこにもなかった。
 通りには人影はなく、低く唸るような風が通り過ぎて、アスファルトに散った落ち葉がざわざわと流れて行こうとしていた。
 ツグミは体を小さくして、風が過ぎるのを待った。この頃になると、ツグミは学校から帰った後も、ずっとセーラー服の上にトレンチコートを着たままだった。少し、冷え性の気があった。
 ツグミは入口扉横の白い壁の前に進み、ポスターを貼り付けた。『ミレー・バルビゾン派展』のポスターだ。今日の朝、画廊に顔を出すとヒナのメモ付きでテーブルの上に置いてあったのだ。「余ったからプレゼント」だそうだ。
 朝は忙しいから、学校から帰宅して、今こうしてポスターを貼ったのだ。
 白い壁には何も飾りはない。もともと広告や告知を張るスペースだったが、こうしてちゃんと美術関連のポスターを貼るのは久し振りだった。いつも地域のお知らせや、お祭りの告知とか、そういうものばかりだ。
 ……寒い。
 ツグミは寒さに耐え切れなくなって、自分を抱くようにしていそいそと引き返した。画廊の中に入ると、風がガラス戸の向こうに遠ざかって、ほっと一息つく。
 そろそろストーブ……いや節約節約。
 ツグミはトレンチコートで自分の体を隠すようにして、掌にふうふうと息を吹きかけた。
 それから円テーブルの前に進み、椅子に座った。円テーブルの上には、ミレーの画集が2冊、置かれていた。もし誰か来たら、宣伝しようと置いたのだ。
 しかし、川村の訪問以来、近所のおばさんすら画廊に訪ねてこなかった。結局ツグミが、1人で繰り返し画集を眺め続け、もう全ての絵と専門家のコメントを暗記してしまった。
 退屈だな、とツグミは溜め息を漏らした。
 あれから1週間。一方のヒナは休みなく精力的に働き続けていた。朝は早いし、夜も遅いから、この頃はむしろ、テレビや雑誌でヒナの顔を見るようになった。
 疲れているだろうに、カメラマンの要望に応えて笑顔を作り、美術の知識も興味もないテレビ芸能人の騒ぎに付き合わせられているヒナを見るたびに、ツグミは自分がつらいような気持ちになってしまった。ヒナは本当に美人だから、変にもてはやされてしまうのだ。
 そんなヒナを見て、ツグミはできる限り応援しよう、と心に決めた。コルリも同じように思ったらしく、この頃は早く帰って夕食の準備をしたり、お弁当を用意したりとかしていた。ツグミはヒナの部屋の掃除をしたり、ベッドメイクしたりして、帰ったらすぐに眠れるよう準備を整えていた。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [885]  [884]  [883]  [882]  [881]  [880]  [879]  [878]  [877]  [876]  [875]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]