忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/03/25 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [889]  [888]  [887]  [886]  [885]  [884]  [883]  [882]  [881]  [880]  [879]  ■


■2015/08/19 (Wed)
第2章 贋作疑惑

前回を読む

 突然に、契約書が手から離れた。ツグミははっと振り返った。いつの間にそこにいたのか、コルリが背後に立っていた。コルリに契約書を奪われたのだ。
「駄目! 駄目! 駄目! 返して!」
 ツグミはわたわたと手を伸ばした。でもコルリは、ツグミの手を鮮やかにかわしつつ、器用に契約書の文字を見詰めた。
 それから、
「ツグミ! ちょっと待った!」
 コルリは急に声を上げて、ツグミに掌を突き出した。
「……何?」
 ツグミはびっくりして動きを止め、目の前に突き出された掌を見詰めた。
「これはあかんわ。絶対に繋がらへんで」
 コルリは手を引っ込め、今度は契約書をツグミの前に突き付けた。
「どういうこと?」
 ツグミはぽかんと訊ね返してしまった。頭の中が混乱状態で、コルリが言わんとする意図が理解できなかった。
「川村さんって、垂水区の人やろ?」
 コルリが確認するように訊ねる。ツグミは戸惑いに捉われながら頷いた。
「うん、そうやけど……」
「じゃあ、市外局番は078になるはずやで。垂水区の市内局番は、確か20から99だったはずだから……。この番号じゃあ、どこにも繋がらへんわ」
 コルリはちょっと契約書を自分の手許に戻し、確かめるようにすると、再びツグミの前に差し出した。
「そうなん!」
 ツグミはびっくりして、契約書を手に取り、そこに書かれている数字に目を凝らした。
「ウチも078やん」
 コルリはさも当り前みたいな口ぶりだった。
 ツグミはどーっと肩から力が抜けてしまった。気持ちの中では、膝を着いて倒れているところだった。
 川村さん、どうして嘘の電話番号を書いたんやろう……。
「じゃあ、この住所は?」
 ツグミはコルリに契約書を向け、住所を指差した。ショックで自分でもわかるくらい声が弱くなっていた。
「どうやろ。ありそうな気はするけど……。行ってみんことにはな……」
 コルリは住所を覗き込みながら、確信が持てない様子で顎に指を当てた。
 ツグミは重く溜め息を吐きながら、契約書に目を落とした。急に川村が遠い存在に感じてしまった。ずっと身近にいて、生々しく感じていた川村が、手の届かないどこかに消えてしまった気がした。
 コルリは、何か考えるふうに「う~ん」と唸っていた。
「なあツグミ。川村さんのところ、行ってみようか」
 ぽつりと、何気ない一言を口にするようだった。
 ツグミはえっと顔を上げた。
「いい。いい。だって、そんな迷惑やん」
 ツグミは精一杯、手と頭を左右に振った。
 コルリは、突然ツグミの肩をがっちり掴んだ。じっと目を覗き込んでくる。
 いつになく真剣な顔だった。ツグミはちょっと怖く思って、肩を小さくすぼめた。
「ツグミ、いいか? 私はツグミの味方やで。ツグミのこと、からかったり、誰かに言ったりとかもせえへんから、本当のこと言うんやで。……川村さんのこと、好きなんやろ」
 コルリは慎重に切り出し、「川村さんのこと」を聞くとき、一拍だけ間を置いた。
「……え、それは……」
 ツグミは困惑して目を下に落としてしまった。
 体の奥が、かぁと熱くなるのを感じた。胸の中で、何かが弾ける感じだった。
 そんなふうに考えなかったわけではない。しかし面と向って言葉にされると、思考も体も壊れたようになって、ただただ苦しくて泣き出したいような気持ちになってしまった。
「……わからへん。なんか、苦しい……」
 泣いてしまった。言葉が掠れて、涙が溢れた。
「ごめん、ごめん。私、無理強いしたな。本当、ごめん」
 コルリはツグミを抱き寄せ、宥めるように頭と背中を撫でた。ツグミはひっひっとしゃくりあげて、コルリの肩を涙と鼻水で濡らした。
 コルリが優しくしてくれたおかげで、間もなく気持ちが落ち着いてきた。ツグミはコルリから離れ、濡れた頬と鼻の下を手で拭った。鼻につんとする痛みだけが残った。
「よし。じゃあ、とりあえず川村さんの家に行ってみようか。契約書の不備。会う動機はできたやろ?」
 コルリはツグミから契約書を手に取り、提案した。ツグミは「うん」と掠れかけた声で頷いた。
 さっそくコルリは、画廊の入口に向って歩き始めた。しかしツグミは、あっと思い出すことがあってコルリの手を掴んで引き止めた。
「あの、ルリお姉ちゃん。いつから画廊におったん?」
 ツグミは訊ねながら、恥ずかしくなって目を逸らした。ひょっとして、見られちゃったのだろうか。あれを、全部。
「えーっと、ツグミが3回目に受話器を取った時……かな」
 コルリはちょっと宙を見上げて、考えるふうにした。
 ツグミはほっと胸に手を当てた。
「よかった……。うん?」
「よーし、行こう!」
 するとコルリが、ツグミの背中に手を回し強引に進ませた。ツグミは考えを中断して、コルリに従って歩きはじめた。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [889]  [888]  [887]  [886]  [885]  [884]  [883]  [882]  [881]  [880]  [879]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]