忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/09/26 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [892]  [891]  [890]  [889]  [888]  [887]  [886]  [885]  [884]  [883]  [882]  ■


■2015/08/22 (Sat)
第2章 聖なる乙女

前回を読む
10
 日が暮れて、夜の空に月が浮かぶ。パンテオンの寺院もその頃になると、誰もが寝静まって、辺りにはしんとした静寂が包んだ。ゆるやかな風に、木の葉がひそやかに囁くだけである。
 そんな静けさの中に、ソフィーはひとりきりで山中の参道に佇み、月の明かりを浴びていた。
 そこに誰かが現れた。ソフィーが振り返る。

ソフィー
「――老師様」
老師
「何をしておる。夜風は身体によくない。パンテオンにも悪い妖精が現れる時刻だ」
ソフィー
「…………」
老師
「今日のこと、わけを話してくれるかな。あの旅人のことも」
ソフィー
「はい。でも私自身、よくわからないのです。あれがいったいどんな意味を持っているのか……」
老師
「物事にはどんなものにも意味がある。そなたは正しいと思う選択を選んだのであろう」
ソフィー
「はい。しかし断片は見えても、真実を見通せるわけでありません。もしも悪い囁きに唆されているのだとすれば、私はどうすれば……」
老師
「物事は簡単ではない。悪いことばかり続くように思えても、結果がよくなることはあるし、良いできごとが悪い結果を生み出すこともある。些事に捕らわれていては大事は決められん。それに、わしにはあの若者が悪をなすようには見えんよ」
ソフィー
「私に未来を見通す力はありません。もし見通せても、運命をとどめる力はやはり私にはありません。でもあの人に感じているのは、今までに経験のない運命の力です。とても不思議で、胸が痛めつけられるような、苦しい感覚なのです」
老師
「ソフィー……お前、あの若者に惹かれておるのか……?」
ソフィー
「そそんな老師様! 私は……」
老師
「良いんだよ。ドルイドは恋を禁じていない。それも人の道だ。そなたが正しいと思う道を進みなさい。そなたの心が思うままに」
ソフィー
「……老師様。……私、恐いです」

 ソフィーは不安を顔に浮かべて、幼い女の子のように老師の身体に縋り付いた。老師は優しくその背に手を回す。

老師
「ソフィー、娘のように想っているよ」
ソフィー
「はい。老師様」

 風が密やかに囁き、草や木が静かに語り出す夜。妖精達に見守られるのは不安に怯える子供であり、恋にときめかす乙女の不安であった。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [892]  [891]  [890]  [889]  [888]  [887]  [886]  [885]  [884]  [883]  [882]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]