忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/10/22 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [895]  [894]  [893]  [892]  [891]  [890]  [889]  [888]  [887]  [886]  [885]  ■


■2015/08/25 (Tue)
第2章 贋作疑惑

前回を読む

10
「たっだいま~」
 コルリがガラス戸を開けて、疲れた声で誰となしに挨拶をする。ツグミもコルリに続いて画廊に入ると、壁の時計を確かめた。もう6時を過ぎていた。
 曇りの日は夜が早く訪れる。画廊の中は薄く闇が漂い、冷たい夜の沈黙に満たされていた。
 ツグミとコルリは、画廊の明かりを点けず、円テーブルの椅子に座った。ツグミはぐたっと円テーブルに突っ伏して、溜め息をこぼした。コルリは「うわぁ」と大袈裟な溜め息を漏らしつつ、背もたれに体を預ける。
 さんざん探して収穫なし。電話番号だけではなく、住所も実在しない場所だった。
 ツグミは自分の腕を枕にして、首を傾け川村の絵を見詰めた。
 川村の絵は暗い。暗くなりかけた部屋の中で見ると、絵の中の闇はより影を濃くする。その一方で、窓から射し込む光は、本当の陽光のように際立って輝いた。
「これ、私が買ったら、あかんかな?」
 そう口にしたときには、ツグミは半ば決心していた。
 コルリが振り返ってツグミを見た。大袈裟な溜め息を吐く。それが、「呆れた」と言っているように聞こえた。
「あかんで、ツグミ」
 完全な否定だった。
「何で」
 ツグミもコルリを振り返った。喧嘩になりそうな雰囲気だった。
 コルリはツグミの前に椅子を寄せて、顔をできるかぎり近付けてきた。
「いいか、ツグミ。画商が絵描きに金払うのは仁義や。画商はできるだけ多くの人に絵描きの存在を知らせる役目がある。それを自分の満足だけに描かせたり、所有したりしたらあかんのや。絵に淫するな、画家ために力を尽くせ。お父さん、いつも言っとったやろ」
 コルリは静かな口調の中に、厳しさを込めていた。
 正論だった。それをまっすぐ目を見て言われ、ツグミはうなだれた。自分の言葉が恥ずかしくなって、泣いてしまいそうだった。
 コルリはそんなツグミに、優しく肩を叩いた。ツグミはうなだれたまま、小さく頷いた。
 それからコルリは、気分を変えるように立ち上がった。
「さっ、この絵は片付けようか。絵描きの連絡先がわからんまま売ったら、問題になるわ。ツグミ」
 コルリの声にさっきまでの深刻なものはなく、さっぱりと明るいものに変わっていた。
 ツグミはまだ落ち込む気持ちを引き摺るようにして、立ち上がった。
 川村の絵は黒いファスナー・ケースに入れられ、2階の物置に運ばれた。物置はもともと美術品の保管庫だった場所で、照明は100ルクスまで、備え付けの除湿機で湿度が50から60パーセントの間に調整されるようになっていた。
 物置の入口には南京錠。どこにでもある品だけど、防犯アイテムとしては今でも有効だった。
 今は思い出の品や、季節物の衣類で雑然としてしまっているが、本来の保管庫としての機能は失われていなかった。
 ツグミは物置に絵をしまう前に、名残惜しく川村の絵をファスナー・ケースの上から撫でてみた。当り前だけど、ぬくもりなど一切ない。合成繊維のつるりとした無機質の感触だけだった。
「すぐに表に出せるよね」
 ツグミは悲しい声で別れを告げると、物置を後にした。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [895]  [894]  [893]  [892]  [891]  [890]  [889]  [888]  [887]  [886]  [885]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]