忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/03/24 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [884]  [883]  [882]  [881]  [880]  [879]  [878]  [877]  [876]  [875]  [874]  ■


■2015/08/14 (Fri)
第2章 聖なる乙女

前回を読む
 少女が祭壇の上に置かれた子供を抱き上げた。子供は泣き止んで、何かを求めるように小さな手を広げた。
 少女は子供の手を握ると、軽くあやしながら耳元でささやくような呪文を唱えた。すると子供は、すっと眠りに落ちた。

×××
「子供にも魔法は効くのですか」
少女
「ええ。ルーンは物言わぬ人にも、言葉を違える人の心にも届く言葉なのです。それに、今のは呪文ではなく、子守歌ですよ」

 少女は穏やかに微笑んでみせた。
 若者は子供を抱く少女の姿に、一瞬くつろぐような気持ちになるが、しかしすぐに闇の奥から気配が強まるのを感じた。逃げた妖精達が新手を連れて戻ってきたのだ。

×××
「急いで! 今度は私が後ろを守ります!」
少女
「はい!」

 少女が駆け出した。若者がその後に続く。
 広場の頭上に作られた、無数の穴から次々と妖精達が飛び出してくる。若者はそのいくつかを斬り結び、少女が広場を抜け出したのを確認し、それから横穴へと入っていった。
 妖精達は細い通路を塞ぐように、わんさかと溢れ出してきた。妖精達の中には、明らかに人の形をしていない、頭と腕を持った土の塊のような妖精や、丸い葉のような姿の妖精もいた。
 若者は迫り来る妖精を剣で叩いた。少女が行く手を遮る妖精に体当たりを喰らわす。
 ようやく出口が見えてきた。少女と若者が順番に外に飛び出す。それから少女は洞窟を振り向くと、その出入り口に向かって光の珠を炸裂させた。中からキイキイと悲鳴が上がった。洞窟から土煙が吹き出してくる。谷に穿たれた穴から、次々と土煙が吹き出してきた。
 それでも、妖精の気配は消えなかった。若者と少女は谷間を駆け下り、暗い森を抜けると、草原に出て、さらにその向こうの木立の中まで走った。清らかな光が射し込む窪地に飛び込むと、ようやく一安心という息をついた。
 若者はまだ油断なく柄に手を置いて、追っ手がないか森の中を見回した。森の中に妖精の姿はなく、穏やかな様子で静まり返っていた。

少女
「もう大丈夫ですよ」

 少女も窪地から出て来て、若者を安心させるように微笑んだ。少女の腕の中で、子供がすいすいと寝息を立てている。穏やかな様子で、緊張が解けるようだった。

×××
「しかし子供を救っても名前がわからなくては。親元に戻すのは難しいでしょう。こんな幼い子供が言葉を知っているわけもありませんし」
少女
「心配無用でございますよ。この近くに、コリオソリテース族の里があります。実は先日、子供が妖精に連れ去られるという話を聞きました。きっとこの子は、妖精に連れ去られたコリオソリテース族の子、トムです」
×××
「初めから知っておられたわけですね」
少女
「私は何でも知っているバン・シーですから。早くこの子を返さないといけません。急ぎますよ」

 少女は再び駆け出した。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [884]  [883]  [882]  [881]  [880]  [879]  [878]  [877]  [876]  [875]  [874]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]